20151220105824.JPG 2016/1/11  年間第1月曜日 

  第一朗読  サムエル記 上 1:1-8

 エフライムの山地ラマタイム・ツォフィムに一人の男がいた。名をエルカナといい、その家系をさかのぼると、エロハム、エリフ、トフ、エフライム人のツフに至る。エルカナには二人の妻があった。一人はハンナ、もう一人はペニナで、ペニナには子供があったが、ハンナには子供がなかった。

 エルカナは毎年自分の町からシロに上り、万軍の主を礼拝し、いけにえをささげていた。シロには、エリの二人の息子ホフニとピネハスがおり、祭司として主に仕えていた。いけにえをささげる日には、エルカナは妻ペニナとその息子たち、娘たちにそれぞれの分け前を与え、ハンナには一人分を与えた。彼はハンナを愛していたが、主はハンナの胎を閉ざしておられた。彼女を敵と見るペニナは、主が子供をお授けにならないことでハンナを思い悩ませ、苦しめた。毎年このようにして、ハンナが主の家に上るたびに、彼女はペニナのことで苦しんだ。今度もハンナは泣いて、何も食べようとしなかった。夫エルカナはハンナに言った。「ハンナよ、なぜ泣くのか。なぜ食べないのか。なぜふさぎ込んでいるのか。このわたしは、あなたにとって十人の息子にもまさるではないか。」

福音朗読  マルコによる福音   1:14-20

 ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。

  イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。また、少し進んで、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、舟の中で網の手入れをしているのを御覧になると、すぐに彼らをお呼びになった。この二人も父ゼベダイを雇い人たちと一緒に舟に残して、イエスの後について行った。



祈りのヒント

「わたしについて来なさい!」

イエスのその一言に信頼し、自分の全てを賭けていく。

今まで自分が頼ってきたものを…一切そこに置いて…

 

できるだろうか?…不安も、迷いも、弱さも…

従っていくことを妨げるありのままの現実を、

イエスは受け入れて共に担い、救いとって下さるではないか!

 

新しい網は、憐れみの愛を広げて 

この世の苦しみや悲しみを救いとっていくのかもしれない。

 

イエスは、ありのままでわたしたちを用いようとしておられる。

イエスの網はすでに手渡されている!

イエスに委ねて ついて行こう!

g-hint.gif
(毎日のみことば 2016-01-11)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/301/331/100x75.crop.jpg