20170623144421.jpg 2017/7/17  年間第15月曜日 

  第一朗読  出エジプト記 1:8-14、22
 そのころ、ヨセフのことを知らない新しい王が出てエジプトを支配し、国民に警告した。

 「イスラエル人という民は、今や、我々にとってあまりに数多く、強力になりすぎた。抜かりなく取り扱い、これ以上の増加を食い止めよう。一度戦争が起これば、敵側に付いて我々と戦い、この国を取るかもしれない。」

 エジプト人はそこで、イスラエルの人々の上に強制労働の監督を置き、重労働を課して虐待した。イスラエルの人々はファラオの物資貯蔵の町、ピトムとラメセスを建設した。しかし、虐待されればされるほど彼らは増え広がったので、エジプト人はますますイスラエルの人々を嫌悪し、イスラエルの人々を酷使し、粘土こね、れんが焼き、あらゆる農作業などの重労働によって彼らの生活を脅かした。彼らが従事した労働はいずれも過酷を極めた。
 ファラオは全国民に命じた。「生まれた男の子は、一人残らずナイル川にほうり込め。女の子は皆、生かしておけ。」

福音朗読  マタイによる福音書 10:34-11:1

(そのとき、イエスは使徒たちに言われた。) 「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。わたしは敵対させるために来たからである。

 人をその父に、

 娘を母に、

 嫁をしゅうとめに。

 こうして、自分の家族の者が敵となる。

わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである。

 あなたがたを受け入れる人は、わたしを受け入れ、わたしを受け入れる人は、わたしを遣わされた方を受け入れるのである。預言者を預言者として受け入れる人は、預言者と同じ報いを受け、正しい者を正しい者として受け入れる人は、正しい者と同じ報いを受ける。はっきり言っておく。わたしの弟子だという理由で、この小さな者の一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ずその報いを受ける。」

 イエスは十二人の弟子に指図を与え終わると、そこを去り、方々の町で教え、宣教された。



祈りのヒント

気心の知れた人たちと共にいるとき、

人は安心できます。

しかし、ともすると

それは自分の殻に閉じこもることに繋がります。

わたしたちの使命は何でしょう。

神を知り、従い、伝えることです。

自分を超えて神のみこころに飛び込み、

全能である神の愛を人々に届けましょう。

冷たい水の一杯を仲間に、

そして見知らぬ者に差し出す勇気を

願いましょう。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-07-17)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/940/349/100x75.crop.jpg