20170814155232.jpg 2017/9/14  十字架称賛(祝日)

  第一朗読  民数記 21:4b-9
 (その日、イスラエルの民は旅の)途中で耐えきれなくなって、神とモーセに逆らって言った。「なぜ、我々をエジプトから導き上ったのですか。荒れ野で死なせるためですか。パンも水もなく、こんな粗末な食物では、気力もうせてしまいます。」主は炎の蛇を民に向かって送られた。蛇は民をかみ、イスラエルの民の中から多くの死者が出た。民はモーセのもとに来て言った。「わたしたちは主とあなたを非難して、罪を犯しました。主に祈って、わたしたちから蛇を取り除いてください。」モーセは民のために主に祈った。主はモーセに言われた。「あなたは炎の蛇を造り、旗竿の先に掲げよ。蛇にかまれた者がそれを見上げれば、命を得る。」モーセは青銅で一つの蛇を造り、旗竿の先に掲げた。蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぐと、命を得た。

  (△ フィリピの信徒への手紙 2:6-11)
 (イエス・)キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。


福音朗読  ヨハネによる福音書 3:13-17
 (そのとき、イエスはニコデモに言われた。) 「天から降って来た者、すなわち人の子のほかには、天に上った者はだれもいない。そして、モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない。それは、信じる者が皆、人の子によって永遠の命を得るためである。

 神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。」



祈りのヒント

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」

美しく尊い言葉である。

なぜ、独り子を与えられたのか?何のために?

それはこの私を救うため。

悪がはびこる世界において、悪に屈することなく、神への道を歩み続けるため。

その誠実さに私も応えていきたい。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-09-14)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/058/351/100x75.crop.jpg