20170826144406.jpg 2017/10/9  年間第27月曜日 

  第一朗読  ヨナ書 1:1-2:1.11
  主の言葉がアミタイの子ヨナに臨んだ。 「さあ、大いなる都ニネベに行ってこれに呼びかけよ。彼らの悪はわたしの前に届いている。」しかしヨナは主から逃れようとして出発し、タルシシュに向かった。

  ヤッファに下ると、折よくタルシシュ行きの船が見つかったので、船賃を払って乗り込み、人々に紛れ込んで主から逃れようと、タルシシュに向かった。 主は大風を海に向かって放たれたので、海は大荒れとなり、船は今にも砕けんばかりとなった。 船乗りたちは恐怖に陥り、それぞれ自分の神に助けを求めて叫びをあげ、積み荷を海に投げ捨て、船を少しでも軽くしようとした。しかし、ヨナは船底に降りて横になり、ぐっすりと寝込んでいた。 船長はヨナのところに来て言った。

 「寝ているとは何事か。さあ、起きてあなたの神を呼べ。神が気づいて助けてくれるかもしれない。」

 さて、人々は互いに言った。

 「さあ、くじを引こう。誰のせいで、我々にこの災難がふりかかったのか、はっきりさせよう。」そこで、くじを引くとヨナに当たった。 人々は彼に詰め寄って、「さあ、話してくれ。この災難が我々にふりかかったのは、誰のせいか。あなたは何の仕事で行くのか。どこから来たのか。国はどこで、どの民族の出身なのか」と言った。

 ヨナは彼らに言った。

 「わたしはヘブライ人だ。海と陸とを創造された天の神、主を畏れる者だ。」

 人々は非常に恐れ、ヨナに言った。

 「なんという事をしたのだ。」

 人々はヨナが、主の前から逃げて来たことを知った。彼が白状したからである

 彼らはヨナに言った。

「あなたをどうしたら、海が静まるのだろうか。」

 海は荒れる一方だった。ヨナは彼らに言った。

「わたしの手足を捕らえて海にほうり込むがよい。そうすれば、海は穏やかになる。わたしのせいで、この大嵐があなたたちを見舞ったことは、わたしが知っている。」

 乗組員は船を漕いで陸に戻そうとしたが、できなかった。海がますます荒れて、襲いかかってきたからである。 ついに、彼らは主に向かって叫んだ。

 「ああ、主よ、この男の命のゆえに、滅ぼさないでください。無実の者を殺したといって責めないでください。主よ、すべてはあなたの御心のままなのですから。」

 彼らがヨナの手足を捕らえて海へほうり込むと、荒れ狂っていた海は静まった。 人々は大いに主を畏れ、いけにえをささげ、誓いを立てた。

 さて、主は巨大な魚に命じて、ヨナを呑み込ませられた。ヨナ三日三晩魚の腹の中にいた。

主が命じられると、魚はヨナを陸地に吐き出した。



福音朗読  ルカによる福音書 10:25-37
 (そのとき、)ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試そうとして言った。「先生、何をしたら、永遠の命を受け継ぐことができるでしょうか。」イエスが、「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」と言われると、彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」イエスは言われた。「正しい答えだ。それを実行しなさい。そうすれば命が得られる。」しかし、彼は自分を正当化しようとして、「では、わたしの隣人とはだれですか」と言った。イエスはお答えになった。「ある人がエルサレムからエリコへ下って行く途中、追いはぎに襲われた。追いはぎはその人の服をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。ある祭司がたまたまその道を下って来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。同じように、レビ人もその場所にやって来たが、その人を見ると、道の向こう側を通って行った。ところが、旅をしていたあるサマリア人は、そばに来ると、その人を見て憐れに思い、近寄って傷に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をして、自分のろばに乗せ、宿屋に連れて行って介抱した。そして、翌日になると、デナリオン銀貨二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『この人を介抱してください。費用がもっとかかったら、帰りがけに払います。』さて、あなたはこの三人の中で、だれが追いはぎに襲われた人の隣人になったと思うか。」律法の専門家は言った。「その人を助けた人です。」そこで、イエスは言われた。「行って、あなたも同じようにしなさい。」


祈りのヒント

心から憐れみ、助けを与えるサマリア人の姿が、イエスの姿に重なる。

 

祈りのなかで、死にそうなわたしに向けられる(イエスの)深い憐みのなかで、

わたしのエゴは、(イエスの)愛のうちに溶けだし、

祭司やレビ人のように、自分の利益が損なわれないようと、線引きする心も消えた。

 

救われたこの命が、神の無償の愛につながり、支えられている命だとわかったから、

わたしのうちに真実の愛はないが、真実の愛に開かれていることがわかったから、

ただ目の前の困っている人に、わたしも精一杯できることをしていこう。

 

愛は動いていく。愛には線引きも、条件もない。どんな人かを一切問わない。

その人に関わり、その人の必要なことをし、苦しみを分かち、立ち上がるまで見守る

 

わたしたちの行う愛をとおして、愛された命は生きはじめる! 

 

「行って同じようにしなさい!」 わたしたちもイエスに続きたい!

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-10-09)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/914/351/100x75.crop.jpg