20171125132819.jpg 2017/12/4  待降節第1月曜日 

  第一朗読  イザヤ書 2:1-5
 アモツの子イザヤが、ユダとエルサレムについて幻に見たこと。

 終わりの日に

 主の神殿の山は、山々の頭として堅く立ち

 どの峰よりも高くそびえる。

 国々はこぞって大河のようにそこに向かい

 多くの民が来て言う。

 「主の山に登り、ヤコブの神の家に行こう。

 主はわたしたちに道を示される。

 わたしたちはその道を歩もう」と。

 主の教えはシオンから

 御言葉はエルサレムから出る。

 主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。

 彼らは剣を打ち直して鋤とし

 槍を打ち直して鎌とする。

 国は国に向かって剣を上げず

 もはや戦うことを学ばない。

 ヤコブの家よ、主の光の中を歩もう。


福音朗読  マタイによる福音書 8:5-11
 (そのとき、)、イエスがカファルナウムに入られると、一人の百人隊長が近づいて来て懇願し、「主よ、わたしの僕が中風で家に寝込んで、ひどく苦しんでいます」と言った。そこでイエスは、「わたしが行って、いやしてあげよう」と言われた。すると、百人隊長は答えた。「主よ、わたしはあなたを自分の屋根の下にお迎えできるような者ではありません。ただ、ひと言おっしゃってください。そうすれば、わたしの僕はいやされます。わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下には兵隊がおり、一人に『行け』と言えば行きますし、他の一人に『来い』と言えば来ます。また、部下に『これをしろ』と言えば、そのとおりにします。」イエスはこれを聞いて感心し、従っていた人々に言われた。「はっきり言っておく。イスラエルの中でさえ、わたしはこれほどの信仰を見たことがない。言っておくが、いつか、東や西から大勢の人が来て、天の国でアブラハム、イサク、ヤコブと共に宴会の席に着く。」



祈りのヒント

イエスは百人隊長のまっすぐな信仰に感心なされます。

百人隊長は自分が部下に命令したことは、

すぐさま無条件で行われるように、

イエスが望めば、

なんでも癒されることを確信していました。

たとえ、その病人との距離が離れていてもです。


神さまにできないことは何もありません。


この百人隊長のように、神さまに対する

まっすぐな信仰を持つことができる恵みを願いましょう。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-12-04)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/483/352/100x75.crop.jpg