20171116162313.jpg 2017/12/7  聖アンブロジオ司教教会博士(記念日)
                (待降節第1木曜日 )

第一朗読  イザヤ書 26:1-6
その日には、ユダの地でこの歌がうたわれる。

我らには、堅固な都がある。

救いのために、城壁と堡塁が築かれた。

城門を開け

神に従い、信仰を守る民が入れるように。

堅固な思いを、あなたは平和に守られる

あなたに信頼するゆえに、平和に。

どこまでも主に信頼せよ、主こそはとこしえの岩。

主は高い所に住まう者を引きおろし

築き上げられた都を打ち倒し

地に打ち倒して、塵に伏させる。

貧しい者の足がそれを踏みにじり

弱い者の足が踏みつけて行く。


福音朗読  マタイによる福音書 7:21、24-27
 (そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない。わたしの天の父の御心を行う者だけが入るのである。
 「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。わたしのこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」



祈りのヒント

たとえ大切な人から裏切られ、

周りから見捨てられたように感じたとしても、

いつもあなたのそばに寄り添ってくださる方がいらっしゃいます。

それはイエスです。

イエスを忠実な友として信頼する人は、

岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ています。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-12-07)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/489/352/100x75.crop.jpg