20180120102729.jpg 2018/2/18  四旬節第1主日 

  第一朗読  創世記 9:8-15
 神はノアと彼の息子たちに言われた。

 「わたしは、あなたたちと、そして後に続く子孫と、契約を立てる。あなたたちと共にいるすべての生き物、またあなたたちと共にいる鳥や家畜や地のすべての獣など、箱舟から出たすべてのもののみならず、地のすべての獣と契約を立てる。わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」

 更に神は言われた。

 「あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。すなわち、わたしは雲の中にわたしの虹を置く。これはわたしと大地の間に立てた契約のしるしとなる。わたしが地の上に雲を湧き起こらせ、雲の中に虹が現れると、わたしは、わたしとあなたたちならびにすべての生き物、すべて肉なるものとの間に立てた契約に心を留める。水が洪水となって、肉なるものをすべて滅ぼすことは決してない。」


第二朗読  一  ペトロの手紙  3:18-22
 (愛する皆さん、キリストは、)罪のためにただ一度苦しまれました。正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。あなたがたを神のもとへ導くためです。キリストは、肉では死に渡されましたが、霊では生きる者とされたのです。そして、霊においてキリストは、捕らわれていた霊たちのところへ行って宣教されました。この霊たちは、ノアの時代に箱舟が作られていた間、神が忍耐して待っておられたのに従わなかった者です。この箱舟に乗り込んだ数人、すなわち八人だけが水の中を通って救われました。この水で前もって表された洗礼は、今やイエス・キリストの復活によってあなたがたをも救うのです。洗礼は、肉の汚れを取り除くことではなくて、神に正しい良心を願い求めることです。キリストは、天に上って神の右におられます。天使、また権威や勢力は、キリストの支配に服しているのです。


福音朗読  マルコによる福音書 1:12-15
 (そのとき、)“霊”はイエスを荒れ野に送り出した。イエスは四十日間そこにとどまり、サタンから誘惑を受けられた。その間、野獣と一緒におられたが、天使たちが仕えていた。

  ヨハネが捕らえられた後、イエスはガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。




黙想のヒント

契約・洗礼・霊。今日の三つの朗読箇所をまとめてみると、浮かびあがるイメージです。神は人間と愛情に満ちた契約を結ぼうとします。水によって、あらゆる物事は洗い清められ、うるおされ、いのちの充実へと転換してゆきます。愛情に満ちた生き方は、いのちの充実をもたらすのですが、愛といのちとの源は聖霊のはたらきとして歴史的に理解されてきています。


 教会に通って、日曜日のミサにあずかっているキリスト者は、神からの愛情深い契約に感謝して洗礼を受けて、人生を再出発させていますが、その成長のすべてのプロセスを支えているのが聖霊のはたらきです。


聖霊は目には見えませんが、まるで空気のように私たちをつつみこんで活かしてくれます。愛情につつまれて、いのちの力に満たされるときに、私たちは安心して自分らしさを認めることができます。自分は生きていてもよいのだ、という徹底的な自己肯定感を味わえるのです。


ノアもペトロも神の愛情深い関わりを実感して、身に覚えて新たに生き始めました。そして、彼らの成長の歩みは常に聖霊のはたらきによってつつみこまれており、感謝の心持ちにあふれたものとなりました。


 四旬節は始まりました。この期間は、自分をつつみこんで支えてくれる聖霊のはたらきを注意深く実感して、新たに歩みだすひとときです。洗礼式のときに決意した、あの自分の新たな歩みの際の志を想い出すことが、私たちの日々を洗練させてゆきます。


 ノアもペトロも、それぞれの時代のなかで、不安をかかえて生きていたあらゆる人々のなかから神に応えた信仰者でした。ゆっくりと沈思黙考しつつ、自分の生き方をふりかえる寝る前のひとときを毎日工夫して過ごしてゆくことで、暗い荒波を乗り越えて生き延びたノアやペトロと同じ成長のよろこびをたどることができるようになるのかもしれません。



g-hint.gif
(日曜日のみことば 2018-02-18)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/807/354/100x75.crop.jpg