20180127152816.JPG 2018/2/12  年間第6月曜日 

  第一朗読  ヤコブの手紙 1:1-11
 神と主イエス・キリストの僕であるヤコブが、離散している十二部族の人たちに挨拶いたします。

 わたしの兄弟たち、いろいろな試練に出会うときは、この上ない喜びと思いなさい。信仰が試されることで忍耐が生じると、あなたがたは知っています。あくまでも忍耐しなさい。そうすれば、完全で申し分なく、何一つ欠けたところのない人になります。あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に願いなさい。そうすれば、与えられます。いささかも疑わず、信仰をもって願いなさい。疑う者は、風に吹かれて揺れ動く海の波に似ています。そういう人は、主から何かいただけると思ってはなりません。心が定まらず、生き方全体に安定を欠く人です。

 貧しい兄弟は、自分が高められることを誇りに思いなさい。また、富んでいる者は、自分が低くされることを誇りに思いなさい。富んでいる者は草花のように滅び去るからです。日が昇り熱風が吹きつけると、草は枯れ、花は散り、その美しさは枯れてしまいます。同じように、富んでいる者も、人生の半ばで消え失せるのです。


福音朗読  マルコによる福音書 8:11-13
 (そのとき、)ファリサイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを求め、議論をしかけた。イエスは、心の中で深く嘆いて言われた。「どうして、今の時代の者たちはしるしを欲しがるのだろう。はっきり言っておく。今の時代の者たちには、決してしるしは与えられない。」そして、彼らをそのままにして、また舟に乗って向こう岸へ行かれた。



祈りのヒント

どんなに神のしるしを求めても、自分の思う正しさで見ようとするなら、

しるしの源である神の存在に、心を向けることはできないだろう。

 

心を閉ざして、どんなに議論を重ねても、神を信じる心は生まれてこない。

 

ご自分を余すところなくわたしたちに与えつづけて、

神の愛のしるしを示しているのは、イエスご自身ではないか?!

神の憐れみを示すしるしそのものではないか!

 

しるしは、神の恵み! わたしたちが神を受け入れるためにある!

 

しるしを欲しがりすぎるのは、イエスを信頼していないからだろう。

愛は信頼することだ!

 

主よ! 信頼する心を与えてください!

あなたを受け入れ、あなたに生きていけるように!

 

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-02-12)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/361/355/100x75.crop.jpg