私の腕になりなさい

 防空壕から出た人々が目にしたのは、無益な憎しみの残骸だった。壊れた家々、死んだ家畜、焼けた畑。主義主張を守るために戦争をすると言うが、生命に値するほどの主義主張がはたしてあるのだろうか。
 村人たちは、黙々と再建にとりかかった。まず、雨露をしのぐための家、それから家畜のためのバラック、最後に畑の柵を作った。
 村の近くの丘の上に、聖キリスト小聖堂があった。近隣の村人たちは、ここを心のよりどころとしていた。農夫たちは畑が干上がれば雨ごいに行ったし、母親たちはいつも家族のだれかれのために祈っていたし、恋する者たちは、思いがかなうよう願いに通った。
 だが、聖キリスト小聖堂も壊され、焼けこげた鉄骨と木材、崩れ落ち壊れたれんがの山があるばかりとなった。
 人々は廃墟の中から、何日もかかってようやく目指すものを見つけ出した。それは、皆が愛し、慕っていたキリスト像だった。そのあたりに住む者すべての思いのこもったキリスト像だったが、爆弾を受けて、手も足ももぎ取られていた。
 村は、寄るとさわるとこの話で持ちきりとなった。あのキリスト様をどうしたらいいだろう‥‥と。
 「上手な職人に修繕を頼もう。」
 「いや、いくら上手でも、前と同じにはできないよ。」
 「新しいご像を手に入れてはどうかな。」
 「とんでもない。このキリスト像は代々受け継いできた、尊い遺産だから、子供たちの代に残さなければ。」

 村ではさまざまに議論が沸騰していたが、そんなある日、村人たちは、小聖堂に壊れたキリスト像が掛かっているのを見つけた。もとの場所に、手もなく、足もない姿のままで。そばの壁には赤い字で、不思議な言葉が書いてあった。
 「あなたがたが私の腕になりなさい、あなたがたが私の手になりなさい。あなたがたが私の足になりなさい。」

  
画: ホアン・カトレット
  

http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/592/005/100x75.crop.jpg