20171116055945.jpg 2017/12/3  待降節第1主日
              
第一朗読  イザヤ書 63:16b-17、19b、64:2b-7
主よ、あなたはわたしたちの父です。

「わたしたちの贖い主」これは永遠の昔からあなたの御名です。

なにゆえ主よ、あなたはわたしたちをあなたの道から迷い出させわたしたちの心をかたくなにして

あなたを畏れないようにされるのですか。

立ち帰ってください、あなたの僕たちのために

あなたの嗣業である部族のために。
どうか、天を裂いて降ってください。御前に山々が揺れ動くように。

(あなたが)降られれば

あなたの御前に山々は揺れ動く。

あなたを待つ者に計らってくださる方は

神よ、あなたのほかにはありません。

昔から、ほかに聞いた者も耳にした者も目に見た者もありません。

喜んで正しいことを行い

あなたの道に従って、あなたを心に留める者を

あなたは迎えてくださいます。

あなたは憤られましたわたしたちが罪を犯したからです。

しかし、あなたの御業によってわたしたちはとこしえに救われます。

わたしたちは皆、汚れた者となり

正しい業もすべて汚れた着物のようになった。

わたしたちは皆、枯れ葉のようになり

わたしたちの悪は風のようにわたしたちを運び去った。

あなたの御名を呼ぶ者はなくなり

奮い立ってあなたにすがろうとする者もない。

あなたはわたしたちから御顔を隠し

わたしたちの悪のゆえに、力を奪われた。

しかし、主よ、あなたは我らの父。

わたしたちは粘土、あなたは陶工

わたしたちは皆、あなたの御手の業。


第二朗読  コリントの信徒への手紙 一 1:3-9
 (皆さん、)わたしたちの父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように。

 わたしは、あなたがたがキリスト・イエスによって神の恵みを受けたことについて、いつもわたしの神に感謝しています。あなたがたはキリストに結ばれ、あらゆる言葉、あらゆる知識において、すべての点で豊かにされています。こうして、キリストについての証しがあなたがたの間で確かなものとなったので、その結果、あなたがたは賜物に何一つ欠けるところがなく、わたしたちの主イエス・キリストの現れを待ち望んでいます。主も最後まであなたがたをしっかり支えて、わたしたちの主イエス・キリストの日に、非のうちどころのない者にしてくださいます。神は真実な方です。この神によって、あなたがたは神の子、わたしたちの主イエス・キリストとの交わりに招き入れられたのです。


福音朗読  マルコによる福音書 13:33-37
 (そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである。それは、ちょうど、家を後に旅に出る人が、僕たちに仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているようにと、言いつけておくようなものだ。だから、目を覚ましていなさい。いつ家の主人が帰って来るのか、夕方か、夜中か、鶏の鳴くころか、明け方か、あなたがたには分からないからである。主人が突然帰って来て、あなたがたが眠っているのを見つけるかもしれない。あなたがたに言うことは、すべての人に言うのだ。目を覚ましていなさい。」 




黙想のヒント

 冬の朝は、なかなか布団から出るのがおっくうになってきます。目覚し時計と格闘しながら朝起きている方も多いことでしょう。もしこれが、通常の学校や会社に行く朝ではなく、家族やグループでの旅行やデートなど楽しいことがあるとすればどうでしょう。目覚ましが鳴る前に目が覚めるのではないでしょうか。


 きょうのみことばの中でイエスは、4回も「目を覚ましていなさい」と言われています。「目を覚ます」とは、どのようなことなのでしょう。このことは、肉体的に「いつも起きていなさい」ということではないようです。では、イエスは、どのような意味で言われているのでしょう。

 マタイ福音書で、「賢い5人の乙女と愚かな5人の乙女」の譬え話がありました。その時にもイエスは、「目を覚ましていなさい。」(マタイ25・13)と言われています。愚かな乙女は、花婿の到着が遅くれることを予測できず、予備の油を準備しないまま花婿を迎えていたのでした。


 イエスが言われる「目を覚ましていなさい」ということは、いつも準備をし、周りに気を配りながら救い主を待つということではないでしょうか。遠方に旅立った主人の帰りを待つ僕たちは、どのような気持ちで「主人の帰り」を待っていたのでしょうか。「いつ帰ってこられるかな、早く帰って来られたらいいのに」と主人の帰りを待ちわびるような僕は、きっと目を覚ましていることでしょう。


 典礼は、待降節に入りイエスのご降誕を待つ準備に入ります。私たちは、イエスをどのような気持ちで待てばいいのでしょう。何か、小さなプレゼントを準備しながら待つといいのかもしれません。日常生活の中で、ささいな善いこと、身近なところにイエスを感じながら何かをすること、何でもいいのです。それらの小さなプレゼントを準備しながら、大好きなイエスの誕生を【目を覚まして】待つことができたらいいですね。

g-hint.gif
(日曜日のみことば 2017-12-03)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/442/352/100x75.crop.jpg