20180225104117.JPG 2018/3/12  四旬節第4月曜日 

  第一朗読  イザヤ書 65:17-21
(主は、言われる。)

見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する。

初めからのことを思い起こす者はない。

それはだれの心にも上ることはない。

代々とこしえに喜び楽しみ、喜び躍れ。

わたしは創造する。

見よ、わたしはエルサレムを喜び躍るものとして

その民を喜び楽しむものとして、創造する。

わたしはエルサレムを喜びとし

わたしの民を楽しみとする。

泣く声、叫ぶ声は、再びその中に響くことがない。

そこには、もはや若死にする者も

年老いて長寿を満たさない者もなくなる。

百歳で死ぬ者は若者とされ

百歳に達しない者は呪われた者とされる。

彼らは家を建てて住み

ぶどうを植えてその実を食べる。


福音朗読  ヨハネによる福音書 4:43-54
 (そのとき、イエスはサマリア)を出発して、ガリラヤへ行かれた。イエスは自ら、「預言者は自分の故郷では敬われないものだ」とはっきり言われたことがある。ガリラヤにお着きになると、ガリラヤの人たちはイエスを歓迎した。彼らも祭りに行ったので、そのときエルサレムでイエスがなさったことをすべて、見ていたからである。

 イエスは、再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、前にイエスが水をぶどう酒に変えられた所である。さて、カファルナウムに王の役人がいて、その息子が病気であった。この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞き、イエスのもとに行き、カファルナウムまで下って来て息子をいやしてくださるように頼んだ。息子が死にかかっていたからである。イエスは役人に、「あなたがたは、しるしや不思議な業を見なければ、決して信じない」と言われた。役人は、「主よ、子供が死なないうちに、おいでください」と言った。イエスは言われた。「帰りなさい。あなたの息子は生きる。」その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った。ところが、下って行く途中、僕たちが迎えに来て、その子が生きていることを告げた。そこで、息子の病気が良くなった時刻を尋ねると、僕たちは、「きのうの午後一時に熱が下がりました」と言った。それは、イエスが「あなたの息子は生きる」と言われたのと同じ時刻であることを、この父親は知った。そして、彼もその家族もこぞって信じた。これは、イエスがユダヤからガリラヤに来てなされた、二回目のしるしである。



祈りのヒント


美しい信仰のエピソードだと感じます。

人々に信仰がなければイエスの奇蹟いは成り立ちません。

この場面では役人の信仰が感じられます。

イエスの「帰りなさい。あなたの息子は生きる。」という言葉を信じきって帰っていく役人。

息子の病気が良くなった時は「きのう午後1時」とあります。

昨日~今日までの時間は役人にとって長い時間の経過でしょう。

その長い時をひたすら信じるという行為のみに尽くした彼の姿に大いに学ぶものがあります。

信じ続ける。大切なことです。



g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-03-12)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/939/377/100x75.crop.jpg