20180510053702.jpg

2018/5/27  三位一体の主日 

  第一朗読  申命記 4:32-34、39-40
 (モーセは民に言った。)あなたに先立つ遠い昔、神が地上に人間を創造された最初の時代にさかのぼり、また天の果てから果てまで尋ねてみるがよい。これほど大いなることがかつて起こったであろうか。あるいは、そのようなことを聞いたことがあろうか。火の中から語られる神の声を聞いて、なお生きている、あなたと同じような民があったであろうか。あるいは、あなたたちの神、主がエジプトにおいてあなたの目の前でなさったように、さまざまな試みとしるしと奇跡を行い、戦いと力ある御手と伸ばした御腕と大いなる恐るべき行為をもって、あえて一つの国民を他の国民の中から選び出し、御自身のものとされた神があったであろうか。
 あなたは、今日、上の天においても下の地においても主こそ神であり、ほかに神のいないことをわきまえ、心に留め、今日、わたしが命じる主の掟と戒めを守りなさい。そうすれば、あなたもあなたに続く子孫も幸いを得、あなたの神、主がとこしえに与えられる土地で長く生きる。


第二朗読  ローマの信徒への手紙 8:14-17
 (皆さん、)神の霊によって導かれる者は皆、神の子なのです。あなたがたは、人を奴隷として再び恐れに陥れる霊ではなく、神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは、「アッバ、父よ」と呼ぶのです。この霊こそは、わたしたちが神の子供であることを、わたしたちの霊と一緒になって証ししてくださいます。もし子供であれば、相続人でもあります。神の相続人、しかもキリストと共同の相続人です。キリストと共に苦しむなら、共にその栄光をも受けるからです。


福音朗読  マタイによる福音書 28:16-20
 (そのとき、)十一人の弟子たちはガリラヤに行き、イエスが指示しておかれた山に登った。そして、イエスに会い、ひれ伏した。しかし、疑う者もいた。イエスは、近寄って来て言われた。「わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」



黙想のヒント

今日の福音朗読は、「マタイによる福音書」が伝える唯一の、復活したイエスと弟子たちとの出会いの場面です。イエスに選ばれたのは12人だったのに、今日の場面では弟子の数は11人です。言うまでもなく、イスカリオテのユダが欠けているからです。その11人も、全員が、一度はイエスを見捨てて逃げた男たちでした。さらに、イエスの死の後に戻ったその弟子たちの中にも、この期に及んでなお、復活したイエスとの出会いを「疑う者もいた」と記されています。

弱い私たちと同じ、弱い弟子たちでした。信仰薄い私たちと同じ、信仰薄い弟子たちでした。


死の闇を打ち破って復活し「天と地の一切の権能を授かっている」イエスが、その弱く信仰薄い弟子たちを、改めてご自分の仕事を託す使者として信頼し、全世界に派遣します。使命の内容は、すべての民をイエスの弟子にすること、つまり、父と子と聖霊の名で洗礼を授け、イエスが命じたことを守るように教えることでした。マタイの記事ですから、ここで言う「イエスの命じたこと」とは、同じマタイの福音書の5~7章に伝えられる「山上の教え」を中心とした掟でしょう。すべて、この世の道徳を越えた、神の無限の愛の掟です。自分の弱さ・信仰の薄さをどうしようもなく知っている弟子たちだからこそ、人間の力・己の力を過信せずに神にのみ寄り頼む生き方の幸いを、実感を持って伝えることが出来たに違いありません。


私たちも、同じイエスから、同じ使命を託されています。私たちの弱さも信仰の薄さも良く良くご存知のイエスが、「世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」という力強い約束をもって、今日の世界に私たちを派遣します。それぞれの置かれた場で、この私が、その使命を生きるとはどういうことか、それぞれがゆっくり思い巡らせてひとつひとつ実行していけば、今日もこの世界に神の国が確実に広がっていくのだと思います。




g-hint.gif
(日曜日のみことば 2018-05-27)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/532/386/100x75.crop.jpg