20180513143655.JPG 2018/6/4  年間第9月曜日 

  第一朗読  二  ペトロの手紙  1:2-7
 (愛する皆さん、)神とわたしたちの主イエスを知ることによって、恵みと平和が、あなたがたにますます豊かに与えられるように。

 主イエスは、御自分の持つ神の力によって、命と信心とにかかわるすべてのものを、わたしたちに与えてくださいました。それは、わたしたちを御自身の栄光と力ある業とで召し出してくださった方を認識させることによるのです。この栄光と力ある業とによって、わたしたちは尊くすばらしい約束を与えられています。それは、あなたがたがこれらによって、情欲に染まったこの世の退廃を免れ、神の本性にあずからせていただくようになるためです。だから、あなたがたは、力を尽くして信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、自制には忍耐を、忍耐には信心を、信心には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。


福音朗読  マルコによる福音書 12:1-12
 (そのとき、イエスは、たとえで祭司長、律法学者、長老たちに)話し始められた。「ある人がぶどう園を作り、垣を巡らし、搾り場を掘り、見張りのやぐらを立て、これを農夫たちに貸して旅に出た。収穫の時になったので、ぶどう園の収穫を受け取るために、僕を農夫たちのところへ送った。だが、農夫たちは、この僕を捕まえて袋だたきにし、何も持たせないで帰した。そこでまた、他の僕を送ったが、農夫たちはその頭を殴り、侮辱した。更に、もう一人を送ったが、今度は殺した。そのほかに多くの僕を送ったが、ある者は殴られ、ある者は殺された。まだ一人、愛する息子がいた。『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言って、最後に息子を送った。農夫たちは話し合った。『これは跡取りだ。さあ、殺してしまおう。そうすれば、相続財産は我々のものになる。』そして、息子を捕まえて殺し、ぶどう園の外にほうり出してしまった。さて、このぶどう園の主人は、どうするだろうか。戻って来て農夫たちを殺し、ぶどう園をほかの人たちに与えるにちがいない。聖書にこう書いてあるのを読んだことがないのか。

 『家を建てる者の捨てた石、

 これが隅の親石となった。

 これは、主がなさったことで、

 わたしたちの目には不思議に見える。』」

 彼らは、イエスが自分たちに当てつけてこのたとえを話されたと気づいたので、イエスを捕らえようとしたが、群衆を恐れた。それで、イエスをその場に残して立ち去った。



祈りのヒント

ブドウ園をつくった神という主人が、

イスラエルというこのブドウ園ではたらく

王や祭司や学者といった農夫たちに、

預言者であるご自分のしもべを送りました。

農夫たちにひどい目にあわされても、

主人はあきらめず、自分の息子を送りました。

私たちが生かされているこの世界で

毎日であう家族、友人、他の人を、

どのような態度でうやまうか、傷つけるかを、

神さまはずっといつも、見つめておられます。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-06-04)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/519/381/100x75.crop.jpg