20170310170644.JPG 2017/4/7  四旬節第5金曜日 


  第一朗読  エレミヤ書 20:10-13

わたしには聞こえています

多くの人の非難が。

「恐怖が四方から迫る」と彼らは言う。

「共に彼を弾劾しよう」と。

わたしの味方だった者も皆

わたしがつまずくのを待ち構えている。

「彼は惑わされて

我々は勝つことができる。

彼に復讐してやろう」と。


しかし主は、恐るべき勇士として

わたしと共にいます。

それゆえ、わたしを迫害する者はつまずき

勝つことを得ず、成功することなく甚だしく辱めを受ける。

それは忘れられることのないとこしえの恥辱である。

万軍の主よ

正義をもって人のはらわたと心を究め

   見抜かれる方よ。

わたしに見させてください

あなたが彼らに復讐されるのを。

わたしの訴えをあなたに打ち明け

お任せします。


主に向かって歌い、主を賛美せよ。

主は貧しい人の魂を悪事を謀る者の手から助け出される。

福音朗読  ヨハネによる福音書 10:31-42
 (そのとき、)ユダヤ人たちは、イエスを石で打ち殺そうとして、石を取り上げた。すると、イエスは言われた。「わたしは、父が与えてくださった多くの善い業をあなたたちに示した。その中のどの業のために、石で打ち殺そうとするのか。」ユダヤ人たちは答えた。「善い業のことで、石で打ち殺すのではない。神を冒涜したからだ。あなたは、人間なのに、自分を神としているからだ。」そこで、イエスは言われた。「あなたたちの律法に、『わたしは言う。あなたたちは神々である』と書いてあるではないか。神の言葉を受けた人たちが、『神々』と言われている。そして、聖書が廃れることはありえない。それなら、父から聖なる者とされて世に遣わされたわたしが、『わたしは神の子である』と言ったからとて、どうして『神を冒涜している』と言うのか。もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい。しかし、行っているのであれば、わたしを信じなくても、その業を信じなさい。そうすれば、父がわたしの内におられ、わたしが父の内にいることを、あなたたちは知り、また悟るだろう。」そこで、ユダヤ人たちはまたイエスを捕らえようとしたが、イエスは彼らの手を逃れて、去って行かれた。

 イエスは、再びヨルダンの向こう側、ヨハネが最初に洗礼を授けていた所に行って、そこに滞在された。多くの人がイエスのもとに来て言った。「ヨハネは何のしるしも行わなかったが、彼がこの方について話したことは、すべて本当だった。」そこでは、多くの人がイエスを信じた。



祈りのヒント

「わたしは神の子である。」

この自己啓示のため、ユダヤ人たちはイエスが神を冒とくしたと思って、

イエスを石で打ち殺そうとした。

イエスはユダヤ人たちから身を守って、聖書の言葉を引用した。

「わたしは言う。あなたたちは神々である」(詩編826)。

すなわち、「神の言葉を受けた人たちが、『神々』と言われている」(ヨハネ1035)。

また、イエスは「父から聖なる者とされて世に遣わされた」と自己を示した。

イエスの救いの業によって、我々は神の子となり、この恵みを神に感謝しましょう。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-04-07)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/594/346/100x75.crop.jpg