20170825111627.jpg 2017/10/3  年間第26火曜日 

  第一朗読  ゼカリヤ書 8:20-23
 万軍の主はこう言われる。

 更に多くの民、多くの町の住民が到着する。

 一つの町の住民は他の町に行って言う。

 「さあ、共に行って、主の恵みを求め万軍の主を尋ね求めよう。」

 「わたしも喜んで行きます。」

 多くの民、強い国々の民も来て

 エルサレムにいます万軍の主を尋ね求め

 主の恵みを求める。

 万軍の主はこう言われる。その日、あらゆる言葉の国々の中から、十人の男が一人のユダの人の裾をつかんで言う。「あなたたちと共に行かせてほしい。我々は、神があなたたちと共におられると聞いたからだ。」


福音朗読  ルカによる福音書 9:51-56
 イエスは、天に上げられる時期が近づくと、エルサレムに向かう決意を固められた。そして、先に使いの者を出された。彼らは行って、イエスのために準備しようと、サマリア人の村に入った。しかし、村人はイエスを歓迎しなかった。イエスがエルサレムを目指して進んでおられたからである。弟子のヤコブとヨハネはそれを見て、「主よ、お望みなら、天から火を降らせて、彼らを焼き滅ぼしましょうか」と言った。イエスは振り向いて二人を戒められた。そして、一行は別の村に行った。



祈りのヒント

エルサレムを目ざして進むイエス

そのまなざしの先には十字架上の死だけではなく、

復活して弟子たちと出会う場所があり、

天におられる私たちの父なる神がいます。

この世界のあらゆる苦悩を包み込む希望の光が、

イエスの決意に満ちた御顔から、

私たち一人ひとりの顔に注がれますように。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-10-03)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/830/351/100x75.crop.jpg