20170826163936.jpg 2017/10/14  年間第27土曜日 

  第一朗読  ヨエル書 4:12-21
(主は言われる。)

諸国の民が奮い立ち

ヨシャファトの谷に上って来ると

わたしはそこに座を設け

周囲のすべての民を裁く。


鎌を入れよ、刈り入れの時は熟した。

来て踏みつぶせ

酒ぶねは満ち、搾り場は溢れている。

彼らの悪は大きい。

裁きの谷には、おびただしい群衆がいる。

主の日が裁きの谷に近づく。

太陽も月も暗くなり、星もその光を失う。


主はシオンからほえたけり

エルサレムから声をとどろかされる。

天も地も震える。

しかし、主はその民の避け所

イスラエルの人々の砦である。

あなたたちは知るようになる。

わたしがあなたたちの神なる主であり

わが聖なる山シオンに住む者であることを。

エルサレムは聖なる地となり

もはや、異国の民がそこを通ることはない。

その日が来ると

山々にはぶどう酒が滴り

もろもろの丘には乳が流れ

ユダのすべての谷には水が流れる。

泉が主の神殿から湧き出て

シティムの川を潤す。

エジプトは荒廃し

エドムは滅びの荒れ野となる。

ユダの人々を虐げ

その国で、罪なき者の血を流したからだ。

しかし、ユダはとこしえに

エルサレムは代々にわたって

民の住むところとなる。

わたしは彼らが流した血の復讐をする。

必ず復讐せずにはおかない。

主はシオンに住まわれる。



  福音朗読  ルカによる福音書 11:27-28
 (そのとき、)イエスがこれらのことを話しておられると、ある女が群衆の中から声高らかに言った。「なんと幸いなことでしょう、あなたを宿した胎、あなたが吸った乳房は。」しかし、イエスは言われた。「むしろ、幸いなのは神の言葉を聞き、それを守る人である。」



祈りのヒント

立派に子どもを産み育て、血縁で結ばれる絆も大切だが、

イエスの教える幸いは、神によってもたらされる幸いだ。

 

み言葉には、愛のみ心が注がれている。

 

神の深い思いが向けられていなければ、どんな人も聞き従うことはできない。

み言葉の中に、自分に向けられる神の思いを深く感じとるとき、

わたしたちは応答し、神の思いを生きはじめる。

 

神のみ心を生きることは、使命を担うこと!

それは、血縁に縛られず、自分という枠を超えて、大きく広く、人々につながっていく。

 

み言葉を生きる人生を選び取って、歩んでいこう。

神の愛の絆に生きる人生だ!

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-10-14)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/926/351/100x75.crop.jpg