20170909145119.jpg 2017/10/17  聖イグナチオ(アンチオケ)司教殉教者(記念日)
 

  第一朗読  ローマの信徒への手紙 1:16-25
 (皆さん、)わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。

 不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らにも明らかだからです。神がそれを示されたのです。世界が造られたときから、目に見えない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の余地がありません。なぜなら、神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなったからです。自分では知恵があると吹聴しながら愚かになり、滅びることのない神の栄光を、滅び去る人間や鳥や獣や這うものなどに似せた像と取り替えたのです。そこで神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ、そのため、彼らは互いにその体を辱めました。

 神の真理を偽りに替え、造り主の代わりに造られた物を拝んでこれに仕えたのです。造り主こそ、永遠にほめたたえられるべき方です、アーメン。


福音朗読  ルカによる福音書 11:37-41
 (そのとき、イエスは話しておられたが、)ファリサイ派の人から食事の招待を受けたので、その家に入って食事の席に着かれた。ところがその人は、イエスが食事の前にまず身を清められなかったのを見て、不審に思った。主は言われた。「実に、あなたたちファリサイ派の人々は、杯や皿の外側はきれいにするが、自分の内側は強欲と悪意に満ちている。愚かな者たち、外側を造られた神は、内側もお造りになったではないか。ただ、器の中にある物を人に施せ。そうすれば、あなたたちにはすべてのものが清くなる。」



祈りのヒント

今、わたしには

心配や悩み、喜び、ちょっとした優越感、

そして手離せないものがありませんか?

わたしが「自分」でいっぱいになっていては、

まわりの方の優しさや心遣いに気づけません。

ましてや神の恵みにも気づけません。

握った手を開きましょう。

恐れることはありません。

神を信じる者の空の手には

神の恵が豊かに注がれます。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-10-17)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/026/352/100x75.crop.jpg