20170909150038.jpg 2017/10/21  年間第28土曜日 

  第一朗読  ローマの信徒への手紙 4:13、16-18
 (皆さん、)神はアブラハムやその子孫に世界を受け継がせることを約束されたが、その約束は、律法に基づいてではなく、信仰による義に基づいてなされたのです。 従って、信仰によってこそ世界を受け継ぐ者となるのです。恵みによって、アブラハムのすべての子孫、つまり、単に律法に頼る者だけでなく、彼の信仰に従う者も、確実に約束にあずかれるのです。彼はわたしたちすべての父です。「わたしはあなたを多くの民の父と定めた」と書いてあるとおりです。死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。


福音朗読  ルカによる福音書 12:8-12
 (そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「だれでも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、人の子も神の天使たちの前で、その人を自分の仲間であると言い表す。しかし、人々の前でわたしを知らないと言う者は、神の天使たちの前で知らないと言われる。人の子の悪口を言う者は皆赦される。しかし、聖霊を冒涜する者は赦されない。会堂や役人、権力者のところに連れて行かれたときは、何をどう言い訳しようか、何を言おうかなどと心配してはならない。言うべきことは、聖霊がそのときに教えてくださる。」



祈りのヒント

わたしが自分で得たと思っているものは、

それを得ることを

神がお許しくださっただけのこと。

わたしを生かしてくださっているのは

聖霊の恵み。

神こそわたしの支え、生かし主、すべてを導く方。

わたしが掴んでいるものを手放しましょう。

必要な物も言葉も力も、

聖霊が与えて下さいます。

自分を捨てすべてを主に委ねましょう。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-10-21)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/040/352/100x75.crop.jpg