20171004103820.JPG 2017/10/27  年間第29金曜日 

  第一朗読  ローマの信徒への手紙 7:18-25a
 (皆さん、)わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。それで、善をなそうと思う自分には、いつも悪が付きまとっているという法則に気づきます。「内なる人」としては神の律法を喜んでいますが、わたしの五体にはもう一つの法則があって心の法則と戦い、わたしを、五体の内にある罪の法則のとりこにしているのが分かります。わたしはなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、だれがわたしを救ってくれるでしょうか。わたしたちの主イエス・キリストを通して神に感謝いたします。

 

 福音朗読  ルカによる福音書 12:54-59

(そのとき、イエスは群衆に言われた。)「あなたがたは、雲が西に出るのを見るとすぐに、『にわか雨になる』と言う。実際そのとおりになる。また、南風が吹いているのを見ると、『暑くなる』と言う。事実そうなる。偽善者よ、このように空や地の模様を見分けることは知っているのに、どうして今の時を見分けることを知らないのか。

  あなたがたは、何が正しいかを、どうして自分で判断しないのか。あなたを訴える人と一緒に役人のところに行くときには、途中でその人と仲直りするように努めなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官のもとに連れて行き、裁判官は看守に引き渡し、看守は牢に投げ込む。言っておくが、最後の一レプトンを返すまで、決してそこから出ることはできない。」



祈りのヒント

 多様な情報が渦巻く現代社会では多くの知識を得ることは簡単である。

一方、今注目を集めているのは知識や技能の認知能力ではなく、

意欲・関心、協調性など生きていくために必要な力である非認知能力。

この能力こそイエスが語る「今の時を見分ける」力なのだろう。

2000年の時を超えて私たちを育ててくださるイエスに感謝!

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-10-27)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/050/352/100x75.crop.jpg