20171125134931.jpg 2017/12/15  待降節第2金曜日 

  第一朗読  イザヤ書 48:17-19
イスラエルの聖なる神

あなたを贖う主はこう言われる。

わたしは主、あなたの神

わたしはあなたを教えて力をもたせ

あなたを導いて道を行かせる。

わたしの戒めに耳を傾けるなら

あなたの平和は大河のように

恵みは海の波のようになる。

あなたの子孫は砂のように

あなたから出る子らは砂の粒のように増え

その名はわたしの前から断たれることも、滅ぼされることもない。


福音朗読  マタイによる福音書 11:16-19
(そのとき、イエスは人々に言われた。) 今の時代を何にたとえたらよいか。広場に座って、ほかの者にこう呼びかけている子供たちに似ている。

 『笛を吹いたのに、

 踊ってくれなかった。

 葬式の歌をうたったのに、

 悲しんでくれなかった。』

ヨハネが来て、食べも飲みもしないでいると、『あれは悪霊に取りつかれている』と言い、人の子が来て、飲み食いすると、『見ろ、大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ』と言う。しかし、知恵の正しさは、その働きによって証明される。」



祈りのヒント



イエスの言う「今の時代」の人々は、まるでわたしたちのようだ。

自己本位の風潮は、 罪意識を鈍らせ、

自分の意に沿わない言葉には関わろうとせず、

理屈はつけるが、自分を変えることはない。

神が呼びかけても、自己保全のなかに座って、時を逸している。

 

わたしたちが、今、なすべきことは、知恵を受け入れることだろう。

悔い改める必要を認め、

わたしたちを導く真の知恵、イエスご自身を、受け入れ、

イエスが語りかけることに、応答することだろう。

 

わたしたちには、ミサがある!

泣く人と共に泣き、笑う人と共に笑う、イエスの愛に招かれて、

その食卓の喜びを味わおう。

イエスを信じ、イエスの愛を受け入れて、喜びの列に加わっていこう!

 

知恵の正しさは、人々への共感をもって、イエスの愛に生きることではないか?




g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-12-15)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/505/352/100x75.crop.jpg