20171203135730.jpg 2017/12/30  主の降誕第6日 

  第一朗読  一 ヨハネの手紙 2:12-17
 子たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、

 イエスの名によってあなたがたの罪が赦されているからである。

 父たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、

 あなたがたが、初めから存在なさる方を知っているからである。

 若者たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、

 あなたがたが悪い者に打ち勝ったからである。

 子供たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、

 あなたがたが御父を知っているからである。

 父たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、

 あなたがたが、初めから存在なさる方を知っているからである。

 若者たちよ、わたしがあなたがたに書いているのは、

 あなたがたが強く、神の言葉があなたがたの内にいつもあり、

 あなたがたが悪い者に打ち勝ったからである。

  世も世にあるものも、愛してはいけません。世を愛する人がいれば、御父への愛はその人の内にありません。なぜなら、すべて世にあるもの、肉の欲、目の欲、生活のおごりは、御父から出ないで、世から出るからです。世も世にある欲も、過ぎ去って行きます。しかし、神の御心を行う人は永遠に生き続けます。


福音朗読  ルカによる福音書 2:36-40
 (そのとき、)アシェル族のファヌエルの娘で、アンナという女預言者がいた。非常に年をとっていて、若いとき嫁いでから七年間夫と共に暮らしたが、夫に死に別れ、八十四歳になっていた。彼女は神殿を離れず、断食したり祈ったりして、夜も昼も神に仕えていたが、そのとき、近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した。

 親子は主の律法で定められたことをみな終えたので、自分たちの町であるガリラヤのナザレに帰った。幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた。



祈りのヒント

96歳で本を出版し、天に召された後も

イエスのことを伝えているシスターがいる。

女預言者アンナは84歳のときに、

救いを待ち望んでいる人々に幼子のことを話す機会を得た。

救いの喜びを伝えるために今も昔も神は様々な機会を与えてくださる。

祈りによって強められ、

神が人となられたことを伝えていくことができますように。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2017-12-30)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/550/352/100x75.crop.jpg