20171203145552.jpg 2018/1/4  降誕節木曜日(主の公現前)

  第一朗読  一 ヨハネの手紙 3:7-10
 子たちよ、だれにも惑わされないようにしなさい。義を行う者は、御子と同じように、正しい人です。罪を犯す者は悪魔に属します。悪魔は初めから罪を犯しているからです。悪魔の働きを滅ぼすためにこそ、神の子が現れたのです。神から生まれた人は皆、罪を犯しません。神の種がこの人の内にいつもあるからです。この人は神から生まれたので、罪を犯すことができません。神の子たちと悪魔の子たちの区別は明らかです。正しい生活をしない者は皆、神に属していません。自分の兄弟を愛さない者も同様です。


福音朗読  ヨハネによる福音書 1:35-42
 (そのとき、)ヨハネは二人の弟子と一緒にいた。そして、歩いておられるイエスを見つめて、「見よ、神の小羊だ」と言った。二人の弟子はそれを聞いて、イエスに従った。イエスは振り返り、彼らが従って来るのを見て、「何を求めているのか」と言われた。彼らが、「ラビ――『先生』という意味――どこに泊まっておられるのですか」と言うと、イエスは、「来なさい。そうすれば分かる」と言われた。そこで、彼らはついて行って、どこにイエスが泊まっておられるかを見た。そしてその日は、イエスのもとに泊まった。午後四時ごろのことである。ヨハネの言葉を聞いて、イエスに従った二人のうちの一人は、シモン・ペトロの兄弟アンデレであった。彼は、まず自分の兄弟シモンに会って、「わたしたちはメシア――『油を注がれた者』という意味――に出会った」と言った。そして、シモンをイエスのところに連れて行った。イエスは彼を見つめて、「あなたはヨハネの子シモンであるが、ケファ――『岩』という意味――と呼ぶことにする」と言われた。



祈りのヒント

親しい友人同士なら、互いの誕生日を祝い合います。

そして、しばしば、知り合った最初のときを思いだします。

降誕節はイエスの誕生記念と同時に、

わたしたちとの出会いの記念です。

だから今も新鮮な思いでイエスに尋ねてみたいものです。

「先生、どこで先生と共にとまることができますか。」

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-01-04)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/218/353/100x75.crop.jpg