20171203155130.jpg 2018/1/15  年間第2月曜日 

  第一朗読  サムエル記 上 15:16-23 
 (その日、) サムエルはサウルに言った。「やめなさい。あなたに言わねばならないことがある。昨夜、主がわたしに語られたことだ。」サウルは言った。「お話しください。」

 サムエルは言った。「あなたは、自分自身の目には取るに足らぬ者と映っているかもしれない。しかしあなたはイスラエルの諸部族の頭ではないか。主は油を注いで、あなたをイスラエルの上に王とされたのだ。主はあなたに出陣を命じ、行って、罪を犯したアマレクを滅ぼし尽くせ、彼らを皆殺しにするまで戦い抜け、と言われた。何故あなたは、主の御声に聞き従わず、戦利品を得ようと飛びかかり、主の目に悪とされることを行ったのか。」サウルはサムエルに答えた。「わたしは主の御声に聞き従いました。主の御命令どおりに出陣して、アマレクの王アガグを引いて来ましたし、アマレクも滅ぼし尽くしました。兵士が、ギルガルであなたの神、主への供え物にしようと、滅ぼし尽くすべき物のうち、最上の羊と牛を、戦利品の中から取り分けたのです。」サムエルは言った。

 「主が喜ばれるのは

 焼き尽くす献げ物やいけにえであろうか。

 むしろ、主の御声に聞き従うことではないか。

 見よ、聞き従うことはいけにえにまさり

 耳を傾けることは雄羊の脂肪にまさる。

 反逆は占いの罪に高慢は偶像崇拝に等しい。

 主の御言葉を退けたあなたは

 王位から退けられる。」


福音朗読  マルコによる福音書 2:18-22
 (そのとき、)ヨハネの弟子たちとファリサイ派の人々は、断食していた。そこで、人々はイエスのところに来て言った。「ヨハネの弟子たちとファリサイ派の弟子たちは断食しているのに、なぜ、あなたの弟子たちは断食しないのですか。」イエスは言われた。「花婿が一緒にいるのに、婚礼の客は断食できるだろうか。花婿が一緒にいるかぎり、断食はできない。しかし、花婿が奪い取られる時が来る。その日には、彼らは断食することになる。

 だれも、織りたての布から布切れを取って、古い服に継ぎを当てたりはしない。そんなことをすれば、新しい布切れが古い服を引き裂き、破れはいっそうひどくなる。また、だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、ぶどう酒は革袋を破り、ぶどう酒も革袋もだめになる。新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れるものだ。」



祈りのヒント

イエスの教えは新しい教え。

新しい教えを受け入れるには

新しい人になることが求められます。

イエスは誰の過去をも問題にしません。

今、そして未来に向けての視点だけです。

過去の自分の過ちや

受けた傷にばかりとらわれるのはやめましょう。

過去の自分を手放し、

イエスが共にいてくださることを喜び、

その教えを受け入れましょう。


g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-01-15)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/817/353/100x75.crop.jpg