20180109172614.jpg 2018/1/27  年間第3土曜日

  第一朗読  サムエル記 下 12:1-7a、10-17
 (その日、)主はナタンをダビデのもとに遣わされた。ナタンは来て、次のように語った。

 「二人の男がある町にいた。

 一人は豊かで、一人は貧しかった。

 豊かな男は非常に多くの羊や牛を持っていた。

 貧しい男は自分で買った一匹の雌の小羊のほかに

 何一つ持っていなかった。

 彼はその小羊を養い小羊は彼のもとで育ち、

 息子たちと一緒にいて

 彼の皿から食べ、彼の椀から飲み

 彼のふところで眠り、彼にとっては娘のようだった。

 ある日、豊かな男に一人の客があった。

 彼は訪れて来た旅人をもてなすのに

 自分の羊や牛を惜しみ

 貧しい男の小羊を取り上げて

 自分の客に振る舞った。」

 ダビデはその男に激怒し、ナタンに言った。「主は生きておられる。そんなことをした男は死罪だ。小羊の償いに四倍の価を払うべきだ。そんな無慈悲なことをしたのだから。」ナタンはダビデに向かって言った。「その男はあなただ。 それゆえ、剣はとこしえにあなたの家から去らないであろう。あなたがわたしを侮り、ヘト人ウリヤの妻を奪って自分の妻としたからだ。』主はこう言われる。『見よ、わたしはあなたの家の者の中からあなたに対して悪を働く者を起こそう。あなたの目の前で妻たちを取り上げ、あなたの隣人に与える。彼はこの太陽の下であなたの妻たちと床を共にするであろう。あなたは隠れて行ったが、わたしはこれを全イスラエルの前で、太陽の下で行う。』」

 ダビデはナタンに言った。「わたしは主に罪を犯した。」ナタンはダビデに言った。「その主があなたの罪を取り除かれる。あなたは死の罰を免れる。しかし、このようなことをして主を甚だしく軽んじたのだから、生まれてくるあなたの子は必ず死ぬ。」ナタンは自分の家に帰って行った。

 主はウリヤの妻が産んだダビデの子を打たれ、その子は弱っていった。ダビデはその子のために神に願い求め、断食した。彼は引きこもり、地面に横たわって夜を過ごした。王家の長老たちはその傍らに立って、王を地面から起き上がらせようとしたが、ダビデはそれを望まず、彼らと共に食事をとろうともしなかった。


福音朗読  マルコによる福音書 4:35-41
 その日の夕方になって、イエスは、「向こう岸に渡ろう」と弟子たちに言われた。そこで、弟子たちは群衆を後に残し、イエスを舟に乗せたまま漕ぎ出した。ほかの舟も一緒であった。激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどであった。しかし、イエスは艫の方で枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして、「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と言った。イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」弟子たちは非常に恐れて、「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と互いに言った。



祈りのヒント

私たちの生活の中で、浮き沈みは必ずあります
そのとき、私たちの信仰はためされていると言えます
イエスを信じ、信頼しているかどうか、自分の心の中を見てください
自分の力だけでどうにかしようと
あたふたしているのではないでしょうか

主の力を信じ、祈り、共にいてくださる力に委ねるなら
不思議な力で、私たちの心は晴れてゆき、平和が訪れ
生活にもなぎが訪れてくるのです。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-01-27)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/835/354/100x75.crop.jpg