20180115150444.jpg 2018/2/1  年間第4木曜日

  第一朗読  列王記 上 2:1-4、10-12
  死期が近づいたとき、ダビデはこう言って王子ソロモンを戒めた。  「わたしはこの世のすべての者がたどる道を行こうとしている。あなたは勇ましく雄々しくあれ。あなたの神、主の務めを守ってその道を歩み、モーセの律法に記されているとおり、主の掟と戒めと法と定めを守れ。そうすれば、あなたは何を行っても、どこに向かっても、良い成果を上げることができる。また主は、わたしについて告げてくださったこと、『あなたの子孫が自分の歩む道に留意し、まことをもって、心を尽くし、魂を尽くしてわたしの道を歩むなら、イスラエルの王座につく者が断たれることはない』という約束を守ってくださるであろう。
 ダビデは先祖と共に眠りにつき、ダビデの町に葬られた。ダビデがイスラエルの王であった期間は四十年に及んだ。彼はヘブロンで七年、エルサレムで三十三年間王位にあった。

 ソロモンは父ダビデの王座につき、その支配は確立した。


福音朗読  マルコによる福音書 6:7-13
 (そのとき、イエスは)十二人を呼び寄せ、二人ずつ組にして遣わすことにされた。その際、汚れた霊に対する権能を授け、旅には杖一本のほか何も持たず、パンも、袋も、また帯の中に金も持たず、ただ履物は履くように、そして「下着は二枚着てはならない」と命じられた。また、こうも言われた。「どこでも、ある家に入ったら、その土地から旅立つときまで、その家にとどまりなさい。しかし、あなたがたを迎え入れず、あなたがたに耳を傾けようともしない所があったら、そこを出ていくとき、彼らへの証しとして足の裏の埃を払い落としなさい。」十二人は出かけて行って、悔い改めさせるために宣教した。そして、多くの悪霊を追い出し、油を塗って多くの病人をいやした。



祈りのヒント

主の愛を宣べ伝えようというとき、

たくさん荷物を持っていると、どうしてもそれらに頼りたくなる。


持てる者として与えよう、教えてあげよう、と

上位者の心持ちになる。


さあ、荷物をもっともっと減らそう。


あれこれ気を取られていると、

協力し合うもう一人の仲間に

出会わせて下さっていることにも

気づけないかもしれない。


g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-02-01)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/844/354/100x75.crop.jpg