20180222060704.jpg 2018/3/6  四旬節第3火曜日 

  第一朗読  ダニエル書補遺 アザルヤ 2:11-20

 (その日、アザルヤは)火の中で口を開いて次のように祈った。

「(主よ、)あなたの御名のゆえに我らを決して見捨てることなく、

あなたの契約を取り消さないでください。

あなたの愛されたアブラハムと

あなたの僕イサクと

あなたの聖なるイスラエルとに免じて

あなたの憐れみを我らから取り去らないでください。

あなたはこの先祖たちに、

子孫を天の星のように、

海辺の砂のように増やす、と言われました。

ところが、主よ、われらはどの民よりも少なくなり、

われらの罪のゆえに、今日、全地で卑しめられています。

今や、高官も預言者も指導者もなく、

焼き尽くす捧げ物もいけにえも供え物も香もなく、

憐れみを得るために捧げ物を御前に供える所もありません。

ただ、砕かれた魂とへりくだる心をもつ我らを受け入れてください。

焼き尽くす捧げ物の羊と牛のように、

幾万の肥えた小羊のように

今日の我らのいけにえが、御前に受け入れられますように。

あなたに従うわれらの歩みを全うさせてください。

あなたに信頼する者は辱められないからです。

今や、我々は心からあなたに従いあなたを畏れ、御顔を求めます。

我らを辱めず、

むしろ、寛容と豊かな憐れみをもって、

我らに臨んでください。

驚くべき御業をもって、我らを救い、

主よ、御名の栄光を輝かせてください。」



福音朗読  マタイによる福音書 18:21-35
 イエスのところに来て言った。「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」イエスは言われた。「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍までも赦しなさい。そこで、天の国は次のようにたとえられる。ある王が、家来たちに貸した金の決済をしようとした。決済し始めたところ、一万タラントン借金している家来が、王の前に連れて来られた。しかし、返済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物も全部売って返済するように命じた。家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっと全部お返しします』としきりに願った。その家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、その借金を帳消しにしてやった。ところが、この家来は外に出て、自分に百デナリオンの借金をしている仲間に出会うと、捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。しかし、承知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまでと牢に入れた。仲間たちは、事の次第を見て非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。そこで、主君はその家来を呼びつけて言った。『不届きな家来だ。お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。』そして、主君は怒って、借金をすっかり返済するまでと、家来を牢役人に引き渡した。あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」



祈りのヒント

“あなたがたの父が憐れみ深いように、

あなたがたも憐れみ深いものとなりなさい。”(ルカ 6:36

神の憐れみとの出会いは、私たちを変化させ、謙遜へと導き、

感謝の気持ちをあふれさせ、

すべての人に温かい思いやりと愛で接することができるよう、

真の人間らしさを与えます。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-03-06)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/929/377/100x75.crop.jpg