20180225104508.jpg 2018/3/16  四旬節第4金曜日 

  第一朗読  知恵の書 2:1a、12-22
(神を信じない者は、)こう言い合うが、その考えは誤っている。

「神に従う人は邪魔だから、だまして陥れよう。

我々のすることに反対し、

律法に背くといって我々をとがめ

教訓に反するといって非難するのだから。

神に従う人は、神を知っていると公言し、

自らを主の僕と呼んでいる。

彼らの存在は我々の考えをとがめだてる。

だから、見るだけで気が重くなる。

その生き方が他の者とは異なり、

その行動も変わっているからだ。

我々を偽り者と見なし、

汚れを避けるかのように我々の道を遠ざかる。

神に従う人の最期は幸せだと言い、

神が自分の父であると豪語する。

それなら彼の言葉が真実かどうか見てやろう。

生涯の終わりに何が起こるかを確かめよう。

本当に彼が神の子なら、助けてもらえるはずだ。

敵の手から救い出されるはずだ。

暴力と責め苦を加えて彼を試してみよう。

その寛容ぶりを知るために、

悪への忍耐ぶりを試みるために。

彼を不名誉な死に追いやろう。

彼の言葉どおりなら、神の助けがあるはずだ。」

神を信じない者はこのように考える。だが、それは間違っている。

悪に目がくらんでいるのだ。

彼らは神の奥深い御旨を知らず、

清い生活がもたらす報いを期待せず、

汚れない魂の受ける誉れをも認めない。


福音朗読  ヨハネによる福音書 7:1-2、10、25-30
 (そのとき、)イエスはガリラヤを巡っておられた。ユダヤ人が殺そうとねらっていたので、ユダヤを巡ろうとは思われなかった。ときに、ユダヤ人の仮庵祭が近づいていた。
 兄弟たちが祭りに上って行ったとき、イエス御自身も、人目を避け、隠れるようにして上って行かれた。
 さて、エルサレムの人々の中には次のように言う者たちがいた。「これは、人々が殺そうとねらっている者ではないか。あんなに公然と話しているのに、何も言われない。議員たちは、この人がメシアだということを、本当に認めたのではなかろうか。しかし、わたしたちは、この人がどこの出身かを知っている。メシアが来られるときは、どこから来られるのか、だれも知らないはずだ。」すると、神殿の境内で教えていたイエスは、大声で言われた。「あなたたちはわたしのことを知っており、また、どこの出身かも知っている。わたしは自分勝手に来たのではない。わたしをお遣わしになった方は真実であるが、あなたたちはその方を知らない。わたしはその方を知っている。わたしはその方のもとから来た者であり、その方がわたしをお遣わしになったのである。」人々はイエスを捕らえようとしたが、手をかける者はいなかった。イエスの時はまだ来ていなかったからである。



祈りのヒント

わたしたちは自分が理解できないことに遭遇した時、

まず拒否してしまい、そしてそれを抹消しようとする傾向があるのかもしれない。

今日の福音箇所に出てくるエルサレムの人々の姿は、まさしくこれかもしれない。

 

「神よ、変えることのできるものについて、

それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

変えることのできないものについては、

それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、変えることのできるものと、

変えることのできないものを識別する知恵を与えたまえ。」(ニーバーの祈り)

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-03-16)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/949/377/100x75.crop.jpg