20180422130448.JPG 2018/5/12  復活節第6土曜日 


  第一朗読  使徒言行録 18:23-28
 パウロはしばらく(アンティアキア)で過ごした後、また旅に出て、ガラテヤやフリギアの地方を次々に巡回し、すべての弟子たちを力づけた。

 さて、アレクサンドリア生まれのユダヤ人で、聖書に詳しいアポロという雄弁家が、エフェソに来た。彼は主の道を受け入れており、イエスのことについて熱心に語り、正確に教えていたが、ヨハネの洗礼しか知らなかった。このアポロが会堂で大胆に教え始めた。これを聞いたプリスキラとアキラは、彼を招いて、もっと正確に神の道を説明した。それから、アポロがアカイア州に渡ることを望んでいたので、兄弟たちはアポロを励まし、かの地の弟子たちに彼を歓迎してくれるようにと手紙を書いた。アポロはそこへ着くと、既に恵みによって信じていた人々を大いに助けた。彼が聖書に基づいて、メシアはイエスであると公然と立証し、激しい語調でユダヤ人たちを説き伏せたからである。


福音朗読  ヨハネによる福音書 16:23b-28
 (そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「はっきり言っておく。あなたがたがわたしの名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。

 わたしはこれらのことを、たとえを用いて話してきた。もはやたとえによらず、はっきり父について知らせる時が来る。その日には、あなたがたはわたしの名によって願うことになる。わたしがあなたがたのために父に願ってあげる、とは言わない。父御自身が、あなたがたを愛しておられるのである。あなたがたが、わたしを愛し、わたしが神のもとから出て来たことを信じたからである。わたしは父のもとから出て、世に来たが、今、世を去って、父のもとに行く。」



祈りのヒント

今日、イエスは、私たちがイエスの名によって、

神に何かを願うことを応援しています。

イエスは、神が人間を愛していると述べられています。

私たちが苦しみの中にいるように感じても、神の声を聞けなくても

神がいないように感じても、それは神が私たちと共におられて

私たちを助けるためです。

しかし、それを感じるためには、

私たちはイエスを愛することが必要です。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-05-12)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/415/381/100x75.crop.jpg