20180430161007.JPG 2018/5/18  復活節第7金曜日 

  第一朗読  使徒言行録 25:13-21
 (その日、)アグリッパ王とベルニケが、フェストゥスに敬意を表するためにカイサリアに来た。彼らが幾日もそこに滞在していたので、フェストゥスはパウロの件を王に持ち出して言った。「ここに、フェリクスが囚人として残していった男がいます。わたしがエルサレムに行ったときに、祭司長たちやユダヤ人の長老たちがこの男を訴え出て、有罪の判決を下すように要求したのです。わたしは彼らに答えました。『被告が告発されたことについて、原告の面前で弁明する機会も与えられず、引き渡されるのはローマ人の慣習ではない』と。それで、彼らが連れ立って当地へ来ましたから、わたしはすぐにその翌日、裁判の席に着き、その男を出廷させるように命令しました。告発者たちは立ち上がりましたが、彼について、わたしが予想していたような罪状は何一つ指摘できませんでした。パウロと言い争っている問題は、彼ら自身の宗教に関することと、死んでしまったイエスとかいう者のことです。このイエスが生きていると、パウロは主張しているのです。わたしは、これらのことの調査の方法が分からなかったので、『エルサレムへ行き、そこでこれらの件に関して裁判を受けたくはないか』と言いました。しかしパウロは、皇帝陛下の判決を受けるときまで、ここにとどめておいてほしいと願い出ましたので、皇帝のもとに護送するまで、彼をとどめておくように命令しました。」


福音朗読  ヨハネによる福音書 21:15-19
 (イエスは、弟子たちにご自身を現され、食事を共にされた。)食事が終わると、

イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。二度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの羊の世話をしなさい」と言われた。三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。はっきり言っておく。あなたは、若いときは、自分で帯を締めて、行きたいところへ行っていた。しかし、年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。」ペトロがどのような死に方で、神の栄光を現すようになるかを示そうとして、イエスはこう言われたのである。このように話してから、ペトロに、「わたしに従いなさい」と言われた。



祈りのヒント

イエスがペトロに言われる言葉、「わたしの小羊を飼いなさい。」、

これは一筋縄ではいかない厳しい作業であることが

ペトロには通じていたのでしょうか。

今週、ずっと福音に書かれていた、

イエスの本気の愛をもって人々を導いていくということが

この時のペトロはまだ理解していなかったではないでしょうか。

しかし、この時のイエスの「わたしの小羊を飼いなさい」という言葉を

後々理解したペトロは福音宣教に全身全霊をかけます。

そして今のわたしたちにまでその思いが伝わってきています。

このイエスの思い、ペトロの思いをいただいているわたしたちは

今日どのように過ごしていきましょうか。


ただ彼らの思いに心を合わせて過ごしていく、

それだけで今日は十分ではないでしょうか。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-05-18)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/430/381/100x75.crop.jpg