20180505144524.JPG 2018/5/23  年間第7水曜日 

  第一朗読  ヤコブの手紙 4:13-17
 (愛する皆さん、)よく聞きなさい。「今日か明日、これこれの町へ行って一年間滞在し、商売をして金もうけをしよう」と言う人たち、あなたがたには自分の命がどうなるか、明日のことは分からないのです。あなたがたは、わずかの間現れて、やがて消えて行く霧にすぎません。むしろ、あなたがたは、「主の御心であれば、生き永らえて、あのことやこのことをしよう」と言うべきです。ところが、実際は、誇り高ぶっています。そのような誇りはすべて、悪いことです。人がなすべき善を知りながら、それを行わないのは、その人にとって罪です。


福音朗読  マルコによる福音書 9:38-40
 (そのとき、)ヨハネがイエスに言った。「先生、お名前を使って悪霊を追い出している者を見ましたが、わたしたちに従わないので、やめさせようとしました。」イエスは言われた。「やめさせてはならない。わたしの名を使って奇跡を行い、そのすぐ後で、わたしの悪口は言えまい。わたしたちに逆らわない者は、わたしたちの味方なのである。」



祈りのヒント

わたしは自分を見失わないようにしましょう。

高名な方と知り合いになったり、

社会的に高い地位にいたりすると

あたかも自分が偉くなったように感じるでしょう。

でも、それは違います。

わたしは変わりません。

仲間うちの小さな輪を作るのではなく、

心を開いて皆を受け入れましょう。

逆らわない者は味方です。

人々の思いを識別する力を願いましょう。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-05-23)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/448/381/100x75.crop.jpg