20180505144612.JPG 2018/5/25  年間第7金曜日 


  第一朗読  ヤコブの手紙 5:9-12
 兄弟たち、裁きを受けないようにするためには、互いに不平を言わぬことです。裁く方が戸口に立っておられます。兄弟たち、主の名によって語った預言者たちを、辛抱と忍耐の模範としなさい。忍耐した人たちは幸せだと、わたしたちは思います。あなたがたは、ヨブの忍耐について聞き、主が最後にどのようにしてくださったかを知っています。主は慈しみ深く、憐れみに満ちた方だからです。

 わたしの兄弟たち、何よりもまず、誓いを立ててはなりません。天や地を指して、あるいは、そのほかどんな誓い方によってであろうと。裁きを受けないようにするために、あなたがたは「然り」は「然り」とし、「否」は「否」としなさい。


福音朗読  マルコによる福音書 10:1-12
 (そのとき、)イエスはユダヤ地方とヨルダン川の向こう側に行かれた。群衆がまた集まって来たので、イエスは再びいつものように教えておられた。ファリサイ派の人々が近寄って、「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」と尋ねた。イエスを試そうとしたのである。イエスは、「モーセはあなたたちに何と命じたか」と問い返された。彼らは、「モーセは、離縁状を書いて離縁することを許しました」と言った。イエスは言われた。「あなたたちの心が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ。しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」家に戻ってから、弟子たちがまたこのことについて尋ねた。イエスは言われた。「妻を離縁して他の女を妻にする者は、妻に対して姦通の罪を犯すことになる。夫を離縁して他の男を夫にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」



祈りのヒント

感情に支配されるのではなく

神の思いに耳を傾けましょう。

祈り、問いつづけた後の答えは真実でしょう。

そこにも困難はありますが

乗り越える術を

神が準備してくださいます。

毎日の生活を神との交わりに生きる時、

苦しみや悲しみもすべてが恵みにかわります。

神が出会わせてくださった相手との時間は、

慈しみに包まれています。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-05-25)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/452/381/100x75.crop.jpg