20180513143826.JPG 2018/6/7  年間第9木曜日 

  第一朗読  二 テモテへの手紙 2:8-15
 (愛する者よ、)イエス・キリストのことを思い起こしなさい。わたしの宣べ伝える福音によれば、この方は、ダビデの子孫で、死者の中から復活されたのです。この福音のためにわたしは苦しみを受け、ついに犯罪人のように鎖につながれています。しかし、神の言葉はつながれていません。だから、わたしは、選ばれた人々のために、あらゆることを耐え忍んでいます。彼らもキリスト・イエスによる救いを永遠の栄光と共に得るためです。次の言葉は真実です。

 「わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きるようになる。

 耐え忍ぶなら、キリストと共に支配するようになる。

 キリストを否むなら、キリストもわたしたちを否まれる。

 わたしたちが誠実でなくても、キリストは常に真実であられる。

 キリストは御自身を否むことができないからである。」

 これらのことを人々に思い起こさせ、言葉をあげつらわないようにと、神の御前で厳かに命じなさい。そのようなことは、何の役にも立たず、聞く者を破滅させるのです。あなたは、適格者と認められて神の前に立つ者、恥じるところのない働き手、真理の言葉を正しく伝える者となるように努めなさい。


福音朗読  マルコによる福音書 12:28b-34
 (そのとき、一人の律法学者が進み出、イエスに尋ねた。)「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか。」イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』第二の掟は、これである。『隣人を自分のように愛しなさい。』この二つにまさる掟はほかにない。」律法学者はイエスに言った。「先生、おっしゃるとおりです。『神は唯一である。ほかに神はない』とおっしゃったのは、本当です。そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」イエスは律法学者が適切な答えをしたのを見て、「あなたは、神の国から遠くない」と言われた。もはや、あえて質問する者はなかった。



祈りのヒント

私たちの希望は、どこにあるのでしょう。

どこが、よりどころ、居場所でしょうか。

私たちの中の確信や知識ではなく、

神とのきずな、なかまや家族とのきずなです。

約束とルールのちがいは、このきずなの有無です。

信頼のあるところ、掟や約束があり、

裏切りのおもみに気づかされます。

神への愛、隣人への愛、イエスへの忠実さにおいて

裏切った罪をゆるされた弟子たちの共同体。

なんども回心してやり直すために、

今日の福音の掟が、絶対に必要です。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-06-07)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/525/381/100x75.crop.jpg