20180513150149.jpg 2018/6/8  イエスのみ心(祭日) 

  第一朗読  ホセア書 11:1、3-4、8c-9
 (主は言われる。)

まだ幼かったイスラエルをわたしは愛した。

エジプトから彼を呼び出し、わが子とした。
エフライムの腕を支えて歩くことを教えたのは、わたしだ。

しかし、わたしが彼らをいやしたことを彼らは知らなかった。

わたしは人間の綱、愛のきずなで彼らを導き

彼らの顎から軛を取り去り

身をかがめて食べさせた。


わたしは激しく心を動かされ

憐れみに胸を焼かれる。

わたしは、もはや怒りに燃えることなく

エフライムを再び滅ぼすことはしない。

わたしは神であり、人間ではない。

お前たちのうちにあって聖なる者。

怒りをもって臨みはしない。


第二朗読  エフェソの信徒への手紙 3:8-12、14-19
 (皆さん、異邦人が神の約束にあずかるという福音に仕える)恵みは、聖なる者たちすべての中で最もつまらない者であるわたしに与えられました。わたしは、この恵みにより、キリストの計り知れない富について、異邦人に福音を告げ知らせており、すべてのものをお造りになった神の内に世の初めから隠されていた秘められた計画が、どのように実現されるのかを、すべての人々に説き明かしています。こうして、いろいろの働きをする神の知恵は、今や教会によって、天上の支配や権威に知らされるようになったのですが、これは、神がわたしたちの主キリスト・イエスによって実現された永遠の計画に沿うものです。わたしたちは主キリストに結ばれており、キリストに対する信仰により、確信をもって、大胆に神に近づくことができます。
 こういうわけで、わたしは御父の前にひざまずいて祈ります。御父から、天と地にあるすべての家族がその名を与えられています。どうか、御父が、その豊かな栄光に従い、その霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強めて、信仰によってあなたがたの心の内にキリストを住まわせ、あなたがたを愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者としてくださるように。また、あなたがたがすべての聖なる者たちと共に、キリストの愛の広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解し、人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。


福音朗読  ヨハネによる福音書 19:31-37
 その日は準備の日で、翌日は特別の安息日であったので、ユダヤ人たちは、安息日に遺体を十字架の上に残しておかないために、足を折って取り降ろすように、ピラトに願い出た。そこで、兵士たちが来て、イエスと一緒に十字架につけられた最初の男と、もう一人の男との足を折った。イエスのところに来てみると、既に死んでおられたので、その足は折らなかった。しかし、兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。それを目撃した者が証ししており、その証しは真実である。その者は、あなたがたにも信じさせるために、自分が真実を語っていることを知っている。これらのことが起こったのは、「その骨は一つも砕かれない」という聖書の言葉が実現するためであった。また、聖書の別の所に、「彼らは、自分たちの突き刺した者を見る」とも書いてある。



祈りのヒント

私たちが他人に対する自分の罪を

ごまかさないで思い返すとき、

ちいさな罪が、世界のめだたない片隅で

おおくの貧しくよわいひとびとに

十字架を背負わせ、はりつけを強いていることを

感じ始めます。

イエスの突きさされた心臓は、

そのような私たちをゆるして、

ゆるして、ゆるしぬこうとしつづける、

神の信じられないほどの忍耐といつくしみです。

私たちの洗礼と、聖体は、

そのあふれ、その実り。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-06-08)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/527/381/100x75.crop.jpg