20180521133522.jpg 2018/6/9  聖母のみ心(記念日) 

  第一朗読  イザヤ書 61:9-11
彼らの一族は国々に知られ

子孫は諸国の民に知られるようになる。

彼らを見る人はすべて認めるであろう

これこそ、主の祝福を受けた一族である、と。


わたしは主によって喜び楽しみ

わたしの魂はわたしの神にあって喜び躍る。

主は救いの衣をわたしに着せ

恵みの晴れ着をまとわせてくださる。

花婿のように輝きの冠をかぶらせ

花嫁のように宝石で飾ってくださる。

大地が草の芽を萌えいでさせ

園が蒔かれた種を芽生えさせるように

主なる神はすべての民の前で

恵みと栄誉を芽生えさせてくださる。


福音朗読  ルカによる福音書 2:41-51
 (イエスの)両親は過越祭には毎年エルサレムへ旅をした。イエスが十二歳になったときも、両親は祭りの慣習に従って都に上った。祭りの期間が終わって帰路についたとき、少年イエスはエルサレムに残っておられたが、両親はそれに気づかなかった。イエスが道連れの中にいるものと思い、一日分の道のりを行ってしまい、それから、親類や知人の間を捜し回ったが、見つからなかったので、捜しながらエルサレムに引き返した。三日の後、イエスが神殿の境内で学者たちの真ん中に座り、話を聞いたり質問したりしておられるのを見つけた。聞いている人は皆、イエスの賢い受け答えに驚いていた。両親はイエスを見て驚き、母が言った。「なぜこんなことをしてくれたのです。御覧なさい。お父さんもわたしも心配して捜していたのです。」すると、イエスは言われた。「どうしてわたしを捜したのですか。わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか。」しかし、両親にはイエスの言葉の意味が分からなかった。それから、イエスは一緒に下って行き、ナザレに帰り、両親に仕えてお暮らしになった。母はこれらのことをすべて心に納めていた。



祈りのヒント

神殿を出てから見失って以来、

三日後にやっと出会えた母と子。

おなじ出来事が、二十数年後、

この母と子におこりました。

母は黙ってじっと、見つめ、よりそい、

まって、祈って、思いめぐらし、ねがって、さがし、

そして、このときも、再会をはたしたのでしょう。

汚れなき聖母のみ心は、いま、私たちをさがしています。

私たちが神の心にとどまり、自分の十字架をになって、

イエスとともに復活するまで、待っています。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-06-09)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/529/381/100x75.crop.jpg