20180521115042.jpg 2018/6/15  年間第10金曜日 

  第一朗読  列王記 上 19:9a、11-16
 (その日、エリヤは神の山ホレブに着き、)そこにあった洞穴に入り、夜を過ごした。見よ、そのとき、主の言葉があった。「エリヤよ、ここで何をしているのか。」
 主は、「そこを出て、山の中で主の前に立ちなさい」と言われた。見よ、そのとき主が通り過ぎて行かれた。主の御前には非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風の後に地震が起こった。しかし、地震の中にも主はおられなかった。地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。それを聞くと、エリヤは外套で顔を覆い、出て来て、洞穴の入り口に立った。そのとき、声はエリヤにこう告げた。「エリヤよ、ここで何をしているのか。」エリヤは答えた。「わたしは万軍の神、主に情熱を傾けて仕えてきました。ところが、イスラエルの人々はあなたとの契約を捨て、祭壇を破壊し、預言者たちを剣にかけて殺したのです。わたし一人だけが残り、彼らはこのわたしの命をも奪おうとねらっています。」主はエリヤに言われた。「行け、あなたの来た道を引き返し、ダマスコの荒れ野に向かえ。そこに着いたなら、ハザエルに油を注いで彼をアラムの王とせよ。ニムシの子イエフにも油を注いでイスラエルの王とせよ。またアベル・メホラのシャファトの子エリシャにも油を注ぎ、あなたに代わる預言者とせよ。」


福音朗読  マタイによる福音書 5:27-32
 (そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである。もし、右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に投げ込まれない方がましである。もし、右の手があなたをつまずかせるなら、切り取って捨ててしまいなさい。体の一部がなくなっても、全身が地獄に落ちない方がましである。

 『妻を離縁する者は、離縁状を渡せ』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。不法な結婚でもないのに妻を離縁する者はだれでも、その女に姦通の罪を犯させることになる。離縁された女を妻にする者も、姦通の罪を犯すことになる。」



祈りのヒント

みだらな思いで他人の妻を見る目は、自分だけを満たそうとする欲の目、

わたしたちのなかにも、隠された様々な欲の目がある。

欲の目は、自分中心で、愛の関係をもちえない。

 

十字架上でイエスは、自分の全てを、相手のために差し出した!

 

イエスから愛の目を学ぼう。

目も手も、相手のために使っていこう。

相手を大切にし、尊重する目、

協力して共にある手。

 

愛することを土台とする生き方に、姦淫はない!

神の命に結ばれているのだ。

 

神の祝福をいただいているわたしたち!

離縁することに心を向けるより、

互いを大切にし合う交わりができるように、心を注いでいこう!

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-06-15)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/884/381/100x75.crop.jpg