20180615134028.JPG 2018/7/3  聖トマ使徒
              

  第一朗読  エフェソの信徒への手紙 2:19-22
 (皆さん、)あなたがたはもはや、外国人でも寄留者でもなく、聖なる民に属する者、神の家族であり、使徒や預言者という土台の上に建てられています。そのかなめ石はキリスト・イエス御自身であり、キリストにおいて、この建物全体は組み合わされて成長し、主における聖なる神殿となります。キリストにおいて、あなたがたも共に建てられ、霊の働きによって神の住まいとなるのです。


福音朗読  ヨハネによる福音書 20:24-29
 十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」



祈りのヒント

使徒トマスのお陰で、主イエスは「見ないのに信じる人は幸いである」ということを教えてくださいます。現代の世界では、神および人を「信じる」ことは、何よりも大切になると思います。どのような状況があっても、「わたしの主、わたしの神よ」という信仰を告白することができますように。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-07-03)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/951/381/100x75.crop.jpg