20180623164151.jpg 2018/7/13  年間第14金曜日 

  第一朗読  ホセア書 14:2-10
(主は言われる。)

イスラエルよ、立ち帰れ

あなたの神、主のもとへ。

あなたは咎につまずき、悪の中にいる。

誓いの言葉を携え

主に立ち帰って言え。

「すべての悪を取り去り

恵みをお与えください。

この唇をもって誓ったことを果たします。

アッシリアはわたしたちの救いではありません。

わたしたちはもはや軍馬に乗りません。

自分の手が造ったものを再びわたしたちの神とは呼びません。

親を失った者はあなたにこそ憐れみを見いだします。」

わたしは背く彼らをいやし

喜んで彼らを愛する。

まことに、わたしの怒りは彼らを離れ去った。

露のようにわたしはイスラエルに臨み

彼はゆりのように花咲き

レバノンの杉のように根を張る。

その若枝は広がり

オリーブのように美しく

レバノンの杉のように香る。

その陰に宿る人々は再び

麦のように育ち

ぶどうのように花咲く。

彼はレバノンのぶどう酒のようにたたえられる。

ああエフライム

なおも、わたしを偶像と比べるのか。

彼の求めにこたえ

彼を見守るのはわたしではないか。

わたしは命に満ちた糸杉。

あなたは、わたしによって実を結ぶ。

知恵ある者はこれらのことをわきまえよ。

わきまえある者はそれを悟れ。

主の道は正しい。

神に従う者はその道に歩み

神に背く者はその道につまずく。


福音朗読  マタイによる福音書 10:16-23
 (そのとき、イエスは使徒たちに言われた。)「わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。人々を警戒しなさい。あなたがたは地方法院に引き渡され、会堂で鞭打たれるからである。また、わたしのために総督や王の前に引き出されて、彼らや異邦人に証しをすることになる。引き渡されたときは、何をどう言おうかと心配してはならない。そのときには、言うべきことは教えられる。実は、話すのはあなたがたではなく、あなたがたの中で語ってくださる、父の霊である。兄弟は兄弟を、父は子を死に追いやり、子は親に反抗して殺すだろう。また、わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。一つの町で迫害されたときは、他の町へ逃げて行きなさい。はっきり言っておく。あなたがたがイスラエルの町を回り終わらないうちに、人の子は来る。」



祈りのヒント

「人々を警戒しなさい。」

イエスは自分の弟子になる人に、心構えを言われる。

それは相当の覚悟がなければ、こなすことができないほど、

厳しい内容でもある。

迫害にあったとしてもイエスにだけより頼み、

イエスと共に心を一つにして過ごしていなさいと。

必要な力は与えてくださる、と保証してくださる。

自分の力に頼るのではなく、神様の力にのみ頼る。

わたしはそこに心を合わせ、神様の思いを読み取っていくだけ。

できるだろうか、このわたしに。

いやいやその心配も今はしないでおこう。

なぜならば「心配してはならない」とおっしゃっておられるのだから。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-07-13)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/969/381/100x75.crop.jpg