20180707145051.JPG 2018/8/3  年間第17金曜日 

  第一朗読  エレミヤ書 26:1-9
 ユダの王、ヨシヤの子ヨヤキムの治世の初めに、主からこの言葉がエレミヤに臨んだ。

 「主はこう言われる。主の神殿の庭に立って語れ。ユダの町々から礼拝のために主の神殿に来るすべての者に向かって語るように、わたしが命じるこれらの言葉をすべて語れ。ひと言も減らしてはならない。彼らが聞いて、それぞれ悪の道から立ち帰るかもしれない。そうすれば、わたしは彼らの悪のゆえにくだそうと考えている災いを思い直す。彼らに向かって言え。主はこう言われる。もし、お前たちがわたしに聞き従わず、わたしが与えた律法に従って歩まず、倦むことなく遣わしたわたしの僕である預言者たちの言葉に聞き従わないならば――お前たちは聞き従わなかったが――わたしはこの神殿をシロのようにし、この都を地上のすべての国々の呪いの的とする。」

 祭司と預言者たちとすべての民は、エレミヤが主の神殿でこれらの言葉を語るのを聞いた。エレミヤが、民のすべての者に語るように主に命じられたことを語り終えると、祭司と預言者たちと民のすべては、彼を捕らえて言った。「あなたは死刑に処せられねばならない。なぜ、あなたは主の名によって預言し、『この神殿はシロのようになり、この都は荒れ果てて、住む者もなくなる』と言ったのか」と。すべての民は主の神殿でエレミヤのまわりに集まった。


福音朗読  マタイによる福音書 13:54-58
 (そのとき、イエスは)故郷にお帰りになった。会堂で教えておられると、人々は驚いて言った。「この人は、このような知恵と奇跡を行う力をどこから得たのだろう。この人は大工の息子ではないか。母親はマリアといい、兄弟はヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではないか。姉妹たちは皆、我々と一緒に住んでいるではないか。この人はこんなことをすべて、いったいどこから得たのだろう。」このように、人々はイエスにつまずいた。イエスは、「預言者が敬われないのは、その故郷、家族の間だけである」と言い、人々が不信仰だったので、そこではあまり奇跡をなさらなかった。



祈りのヒント

「お母さんと同じように思わない人だってたくさんいるんだよ。」


二十歳になった娘の冷静なひとことに、はっとさせられた。娘だからといって何でも共感を求めないで!という心の叫びが聞こえたようだった。娘は私の一部ではなく、独立した別の人格。わかっているつもりでわかっていなかったと素直に認められる理由は明らかだ。私も娘も神様の子どもだということ。



g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-08-03)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/178/382/100x75.crop.jpg