20180713150546.jpg 2018/8/7  年間第18火曜日 

  第一朗読  エレミヤ書 30:1-2、12-15、18-22
 主からエレミヤに臨んだ言葉。「イスラエルの神、主はこう言われる。わたしがあなたに語った言葉をひとつ残らず巻物に書き記しなさい。
 主はこう言われる。

 お前の切り傷はいえず

打ち傷は痛む。

お前の訴えは聞かれず傷口につける薬はなくいえることもない。愛人たちは皆、お前を忘れ相手にもしない。お前の悪が甚だしく罪がおびただしいのでわたしが敵の攻撃をもってお前を撃ち過酷に懲らしめたからだ。なぜ傷口を見て叫ぶのか。お前の痛みはいやされない。お前の悪が甚だしく罪がおびただしいのでわたしがお前にこうしたのだ。
主はこう言われる。

見よ、わたしはヤコブの天幕の繁栄を回復し

その住む所を憐れむ。

都は廃虚の丘の上に建てられ

城郭はあるべき姿に再建される。

そこから感謝の歌と

楽を奏する者の音が聞こえる。

わたしが彼らを増やす。数が減ることはない。

わたしが彼らに栄光を与え、侮られることはない。

ヤコブの子らは、昔のようになり

その集いは、わたしの前に固く立てられる。

彼らを苦しめるものにわたしは報いる。

ひとりの指導者が彼らの間から

治める者が彼らの中から出る。

わたしが彼を近づけるので彼はわたしのもとに来る。

彼のほか、誰が命をかけてわたしに近づくであろうか、と主は言われる。

こうして、あなたたちはわたしの民となり

わたしはあなたたちの神となる。


福音朗読  マタイによる福音書 14:22-36
 (人々がパンを食べて満腹した後、)イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸へ先に行かせ、その間に群衆を解散させられた。群衆を解散させてから、祈るためにひとり山にお登りになった。

 夕方になっても、ただひとりそこにおられた。ところが、舟は既に陸から何スタディオンか離れており、逆風のために波に悩まされていた。夜が明けるころ、イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに行かれた。弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、「幽霊だ」と言っておびえ、恐怖のあまり叫び声をあげた。イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」すると、ペトロが答えた。「主よ、あなたでしたら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」イエスが「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。しかし、強い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ、助けてください」と叫んだ。イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。そして、二人が舟に乗り込むと、風は静まった。舟の中にいた人たちは、「本当に、あなたは神の子です」と言ってイエスを拝んだ。

 こうして、一行は湖を渡り、ゲネサレトという土地に着いた。土地の人々は、イエスだと知って、付近にくまなく触れ回った。それで、人々は病人を皆イエスのところに連れて来て、その服のすそにでも触れさせてほしいと願った。触れた者は皆いやされた。



祈りのヒント

「なぜ、疑ったのか」という言葉はとても印象的です。ペトロは強い風に気がついて怖くなり、沈みかけました。ペトロを沈ませる原因は強い風だとも言えますが、最も根本的な理由は彼がイエスを疑ったことにあります。疑うことは全ての関係を破壊する一つの原因なのです。人生の中に分からないことや理解しがたい出来事などが沢山ありますが、神を疑うことなく、信仰を真っすぐに保つことが出来るように祈りましょう。

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-08-07)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/185/382/100x75.crop.jpg