20180713150604.jpg 2018/8/8  聖ドミニコ司祭
                 

  第一朗読  エレミヤ書 31:1-7
 そのときには、と主は言われる。わたしはイスラエルのすべての部族の神となり、彼らはわたしの民となる。

 主はこう言われる。

 民の中で、剣を免れた者は荒れ野で恵みを受ける

 イスラエルが安住の地に向かうときに。

 遠くから、主はわたしに現れた。

 わたしは、とこしえの愛をもってあなたを愛し

 変わることなく慈しみを注ぐ。

 おとめイスラエルよ

 再び、わたしはあなたを固く建てる。

 再び、あなたは太鼓をかかえ

 楽を奏する人々と共に踊り出る。

 再び、あなたは

 サマリアの山々にぶどうの木を植える。

 植えた人が、植えたその実の初物を味わう。

 見張りの者がエフライムの山に立ち呼ばわる日が来る。

 「立て、我らはシオンへ上ろう

 我らの神、主のもとへ上ろう。」

 主はこう言われる。

 ヤコブのために喜び歌い、喜び祝え。

 諸国民の頭のために叫びをあげよ。

 声を響かせ、賛美せよ。そして言え。

 「主よ、あなたの民をお救いください

 イスラエルの残りの者を。」


福音朗読  マタイによる福音書 15:21-28
 (そのとき、イエスは)ティルスとシドンの地方に行かれた。すると、この地に生まれたカナンの女が出て来て、「主よ、ダビデの子よ、わたしを憐れんでください。娘が悪霊にひどく苦しめられています」と叫んだ。しかし、イエスは何もお答えにならなかった。そこで、弟子たちが近寄って来て願った。「この女を追い払ってください。叫びながらついて来ますので。」イエスは、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊のところにしか遣わされていない」とお答えになった。しかし、女は来て、イエスの前にひれ伏し、「主よ、どうかお助けください」と言った。イエスが、「子供たちのパンを取って小犬にやってはいけない」とお答えになると、女は言った。「主よ、ごもっともです。しかし、小犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。」そこで、イエスはお答えになった。「婦人よ、あなたの信仰は立派だ。あなたの願いどおりになるように。」そのとき、娘の病気はいやされた。



祈りのヒント

「夫人よ、あなたの信仰は立派だ」

イエスはこの言葉をもって、今日の福音の中に登場したカナンの女性のことを褒めました。イエスは彼女の信仰を褒めて、彼女の願いをかなえました。この女性のやり方は祈りの根本的な姿勢であるといえます。祈りは忍耐と信頼を持たなければならないのです。神が直ぐに私たちの祈りに応えてくれないように感じても、諦めずに祈り続ける恵みを願いましょう。

 

g-hint.gif
(毎日のみことば 2018-08-08)
http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/189/382/100x75.crop.jpg