二、告白の祈り
 願いの祈りが広く一般的になされているのに対して、告白の祈りは多くの人にとって一番難しいものかもしれません。自分の罪や欠点、失敗などを告白し、ゆるしを願うことは決してやさしいことではありません。それでも告白することによって、人は情緒的、霊的清めへと導かれていくのです。

 旧約聖書は、告白することから湧き出る恵みについて語っています。
「罪を隠している者は栄えない。告白して罪を捨てる者は憐れみを受ける。」(箴言28・13)

 この告白の祈りをささげるのに困難をおぼえるなら、ルイス・カーセルスの次の言葉を思いめぐらしてみて下さい。
「告白することによって私たちは自分自身をいやしと和解、回復、そして、私たちがどういう者であろうと、ひたすら愛してくださる神の恵みへと開かれていくのです。」
(生活の霊性-祈りの七景 2)