りんごとクッキー

 ここは小さな修道士の学校。今日は、守護の聖人の特別なお祝いの日なので、中庭には、皆のために様々なごちそうがのったテーブルが用意されました。
 1つのテーブルには、真っ赤に熟した見事なりんごが山のように盛られていて、そこに修道士たちは、次のような立て札を書いておきました。
 “ひとり1個にしてください。神さまが見ていらっしゃいます。”
 ところでその隣には、おいしそうなチョコレートクッキーが盛られたテーブルがあり、そのそばには、紙の切れ端に子どもの字でこう書いてありました。
 “好きなだけ取っていいよ。神さまは、お隣のりんごの方を見ているから。”

  
画: 泉 類治
  

http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/206/005/100x75.crop.jpg