星を動かす少女

クリスマスのページェントで、
日曜学校の上級生たちは
三人の博士や
牧羊者の群や
マリヤなど
それぞれ人の眼につく役を
ふりあてられたが、
一人の少女は
誰も見ていない舞台の背後にかくれて
星を動かす役があたった。

「お母さん、
私は今夜星を動かすの。
見ていて頂戴ね。――」

その夜 堂に満ちた会衆は
ベツレヘムの星を動かしたものが
誰であるか気づかなかったけれど、
彼女の母だけは知っていた。
そこに少女のよろこびがあった。

(松田 明三郎 『星を動かす少女』)
  
写真: 馬 裕国
  

http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/398/005/100x75.crop.jpg