導きの星

 あの夜、三人の博士たちは、導きの星を見失いました。

 二人は、つえで地面に何かを描き始め、計算をしながら
 何度も首をかしげていました。
 でも、星はいっこうに見つかりません‥‥‥。
 星の導きを熱望していた二人は、
 夜の沈黙の中で、涙を流しました。

 もう一人の博士は、少し離れた所で、こう考えていました。
 「私たちも、のどが渇いた。
 動物たちも、のどが渇いているに違いない。
 さあ、水をやろう。」

 彼は、おけの取っ手を持ち上げ、
 ラクダたちに水を飲ませました。
 彼が見つけたのは、そのときでした。
 おけの水面に映って、
 静かに、優雅におどっているあの星を。

エドモンド・ロスタンド
  
  

http://seseragi-sc.jp/xe/files/cache/thumbnails/444/006/100x75.crop.jpg