12月21日 待降節 (降誕4日前)

第一朗読  雅歌 2:8-14      △ゼファニヤ3:14-17
恋しい人の声が聞こえます。
山を越え、丘を跳んでやって来ます。
恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。
ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

恋しい人は言います。
「恋人よ、美しいひとよさあ、立って出ておいで。
ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。
花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。
この里にも山鳩の声が聞こえる。
いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。
恋人よ、美しいひとよさあ、立って出ておいで。

岩の裂け目、崖の穴にひそむわたしの鳩よ
姿を見せ、声を聞かせておくれ。
お前の声は快く、お前の姿は愛らしい。」福音朗読  ルカによる福音書 1:39-45
そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った。そして、ザカリアの家に入ってエリサベトに挨拶した。マリアの挨拶をエリサベトが聞いたとき、その胎内の子がおどった。エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言った。「あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。あなたの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、胎内の子は喜んでおどりました。主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」

祈りのヒント
おめでたい知らせを受けた時、
すぐに駆けつけ、ともに喜ぶマリアさま。
心は神に向かって開かれ、
人々の中に入ってその心に寄り添います。
それは恐れがないからできること。
マリアさまにとって大切なのは
自分ではなく、
助けを必要としている人びとです。
わたしも自分を忘れるほどに神を信頼し、
喜ぶ人と共に喜び、
悲しむ人と共に悲しむことができますように。
(毎日のみことば 2017-12-21)

ページ上部へ戻る