3月5日 四旬節第1木曜日

第一朗読  エズラ記(ギリシア語)C・12、14-16、23-25
(その日、)王妃エステルも死の苦悩に襲われて、主に寄りすがった
そして、イスラエルの神である主に祈った。
「主よ、わたしたちの王よ、あなたは唯一のお方、あなたのほかに助け手を持たない、ただひとりでいるわたしを助けてください。 危険が身近に迫っています。私は生まれた時から、わが先祖の部族の中で聞かされてきました。主よ、あなたはイスラエルを万民のなかから、われらの先祖をすべての先祖の中から選んで、ご自分の永久の遺産とし、イスラエルに約束したことを実現されたと。
主よ、思い起こしてください。この悩みの時、あなたご自身をお示しください。神々を支配し、すべての主権を握る王よ、わたしに勇気をお与えください。
このわたしに獅子の前で、雄弁な言葉を語らせ、その心を変えて我らに戦いを挑む者を憎ませ、その仲間と共に葬り去ってください。
御手をもってわたしたち救ってください。主よ、あなたのほかに頼るもののない、ただひとりでいるわたしを助けてください。あなたはすべてをご存じです。」

福音朗読  マタイによる福音書 7:7-12
(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」

祈りのヒント
「求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。」あなたは今何を求めていますか。何を探していますか。何の門を敲いていますか。あなたにとって、天の父がくださる「良い物」は何だと考えますか。エステルの嘆願の祈りをゆっくり読みながら、彼女の態度から何か学ぶべき点がありますか。それからもう一度黙想しましょう。
(毎日のみことば 2020-03-05)

ページ上部へ戻る