2020年5月 教皇のビデオ
「助祭のために」
福音宣教の意向: 助祭のために
 みことばへの奉仕と貧しい人々への奉仕に忠実である助祭が、全教会を活き活きとさせるシンボルとなることができますように。
教皇
「(終身)助祭は二流の司祭ではありません。」
「(終身)助祭は聖職者の一部をなし、自らの召命を家族の中で、家族とともに生きています。」
「(終身)助祭は、苦しむキリストの顔を持つ貧しい人々への奉仕に自らを捧げています。」
「彼らは、教会における奉仕の守護者です。」
「みことばへの奉仕と貧しい人々への奉仕に忠実である(終身)助祭が、全教会を活き活きとさせるシンボルとなることができるよう祈りましょう。」

(翻訳:祈祷の使徒日本)